no.19 テセウス『愛する我が娘の延命とその末路』

 体躯の細い女だった。テセウスは、身の軽さをいかして、軽快に走る、走る。狭い路地裏を抜け、汚れたビル群を駆け、逃げる、逃げる!

 彼女を追うのは黒髪の女。さほど速くはないようだが、執念深さは群を抜く。

 テセウスは走る。黒髪の悪魔を振り切ろうとする。慣れ親しんだ街を駆ける。


 アア、家に帰れば、家に帰れば愛するマザーが、テセウスを守ってくれるはずだ。しかし、大事なマザーに迷惑をかけるわけにはいかない。チェーンソー片手に迫る女を連れたまま家に帰るわけにはいかないのだ。


 十時間もの間、テセウスは街を走り続けた。女をまいたかと思ったが、曲がり角でバタリと出会う。女は合成肉をふんだんに使ったハンバーガーを片手に持っていた。補給をする余裕があったのか、とテセウスはとうとう絶望を覚えた。やはりこの女は、発信機を自分に付けていたのだろう。そうでなければこの鈍足がテセウスを追える理由がないのだ。「逃げられない」と、テセウスはそう結論づけた。


 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


 テセウスから骨を抜き、黒髪の女は怒りの唸り声をあげる。


「本物の身体は!?」


 整備された公園のど真ん中、チェーンソーで解体されたテセウスは、なんとか顔を動かして、へへと弱った笑いを浮かべる。

 銀の目を動かす。自分の肉から、コードがはみでて揺れている。腰は遠い位置にある。肺は使い物になっていない。ドボドボと、人工血液が流れ落ちる音が聞こえる。

 黒髪の女が震える手で持つのは、人工的に作られた骨だ。銀にきらめくそれは、パーツのひとつひとつに製造番号が刻まれている。


マザーが……」


 テセウスの意識が遠のく。


「直してくれた……」


 テセウスの脳裏に、白衣の母の姿がちらつく。

 死なないで、死なないで、そう何度も呟いて、母は彼女を蘇生してくれたのだ。

 遠い雨の日の、不幸な事故現場の話。そうしてつないだ彼女の命は、こうして呆気なく切断された。


「アア……マザー……ごめんなさい……」


 動作を停止したテセウスの肉塊を見て、黒髪の女は、怒りに任せてコンクリートの床を殴った。金に輝く人工血液と混じる、赤い血液の痕が床に残った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます