no.15 ソグ『命乞い』

 煙をくゆらせながら、灰髪の男は扉を眺めている。手は大きいが骨のよう、体躯は細く枯れ木のよう。真っ赤な空に向かってタバコの煙を細く吐く。今日も下らない一日がはじまりそうだ。


「命を」

「約束を」

「病気を」


 飛び石のように並べられた人間たちを踏みつけ、ソグ博士は黒い川を渡る。彼の羽織る白衣だけはこの世界において不自然に白く、事実それは超常の薬を持ってあらゆる穢(ケガレ)を受け付けなかった。ソグ博士そのものが穢だというのに、白衣は着る人を選べない。


「俺の気が向いたらいいな」


 ソグ博士の声に、川に沈む病人たちはおえおえと哀れな声を放つ。同情を誘う目的だろうがそんなものソグ博士の心には響かない。彼の心に響くのは、唯一……。


「待った」


 すぐに両腕を上げて、ソグ博士は女に乞うた。


「撃つなよ」


 川の向こうの小さな研究室、その中、簡素なセキュリティをぶちやぶり"黒髪の女"はやって来た。構えているのは小ぶりの銃で、もう片方には長い骨。骨には血がこびりつく。女の足元にはモルモット研究員が5匹ほど転がっていた。死んでいるということはソグ博士にもすぐ分かる。死体の相手なら慣れていたので。


「強盗か? 金が欲しいならそこの引き出しの中だ。いっぱいある。この世界の富の大半を俺は握っている」


 窓の外には赤い空が広がっている。


「俺の命は、そんな世界の富の大半よりも重い。だから命を守るためには、金なんて惜しくはないさ。持っていけ、ほら、持って、うお!?」

「話長い」


 ソグ博士の白衣に穴が空いた。この女、銃の腕はポンコツだ。それを確信した博士は、玄関脇の棚にある薬品に向けて腕を伸ばし、そうして意識が途切れてしまった。頭がカチ割れるような痛み。骨で殴られたんだと博士が認識する日は来ない。黒髪の女は、銃の腕はド素人だが、ただの殺しや暴力については、経験をよく積んでいる。



 ◆ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


「クズが」


 白い部屋、グレゴリールームの手術台の上で黒髪の女は唸る。


「やはりクズ、役立たず」


 ソグ博士はゆっくりと目を開いた。白と茶で出来た部屋。この茶は元は血だったのだろう。体は縄で乱暴に縛られていてまるで動けない。


「世界の叡智に向かって……」

 痛みを紛らわせるために博士は呻く。

「私、あんな狭い世界に居たら、ここまで尊大になるの」

「はぁ?」

「証拠に軽い。骨が軽い。ひとひとりの命に満たないクズ。ま、そんなクズでも」


 女は手術台の横に置いている箱を蹴った。中にはわざわざ削って尖らせた人の骨がいくつも入っている。


「集まれば、それでようやく、ひとひとり」

「待った」


 頭を叩かれた、つまり大事な脳にダメージを受けたソグ博士は、もう以前ほど聡明ではない。


「生かして欲しい」

「はぁ?」


 女の冷たい声に、手術台の上の博士はおえおえと哀れな声を放つ。同情を誘う目的だろうがそんなもの女の心には響かない。彼女の心に響くのは、唯一……。


「お前の願いが、より確実に叶うよう、この脳を持って、協力する」


 博士は冷静に見えながらも、両目からは涙を流していた。さらに言うと鼻水も流しているし、体中からあらゆる液体を流している。怖い、怖い、死ぬのが怖い。この部屋からは空が見えない。


「醜い」

 女は眉を潜める。

「ま、醜いやつが相手の方が、こたえるね」


 女は提案を受け入れる。灰髪の男はひひ、と短く病んだ笑みを見せた。ソグ博士は、あの世界に置いてきた、川に沈む患者たちのことを思い出したが、ソグ博士は"クズ"なので、自分の命を優先したのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます