no.14セイジ『売買交渉は平行線』

 人の良さそうな笑顔を浮かべて、おばちゃんは黒髪の女を見下ろした。もうふたりはすっかり顔なじみだ。

「あんたまた来たの?」

 呆れたような声を受けて、黒髪の女は大きく頷く。そして懐から干し肉を取り出した。おばちゃんは干し肉を受け取って、匂いをかいで「質の悪い肉だね!」それだけ言って扉を閉ざした。


 朝日の下で、麻袋が揺れている。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


「あらま、あんたどうしたの!」

 おばちゃんが驚いた顔をしたワケは、黒髪の女が全身に包帯を巻いていたからだ。

「ケガした」

 女は短くそう答えた。おばちゃんは「あらあらあら」と気の毒そうに声を漏らす。

「どこで転んだか知らないけど、気をつけなさいよ。うちの周りもね、旦那が獣避けにワナいっぱい仕掛けてるから、帰るときは注意しなさいね!」

 その言葉に苦々しい顔を浮かべ、しかしすぐに無表情に、女はおばちゃんにフィルムケースを押し付けた。中にはガラスのような目玉が入っている。

「ま、ワナの近くには看板があるから、近づいちゃいけないってすぐ分かるわ」

 フィルムケースをポケットにしまい、おばちゃんは扉をバタンと閉ざした。どうやらこれでもダメらしい。


 夕陽の丘で、麻袋が揺れている。


 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 そろそろ『銀の獅子』が来るらしいわとおばちゃんが嬉しそうに言う。黒髪の女は唇を噛んで、目をぎょろぎょろ動かしている。つまり狼狽。

「お供え物のおかげねぇ!」

 女が差し出した古いコミックをてきとうにめくりながら、しかしおばちゃんの興味はコミックよりも天候にあるのだ。

「『銀の獅子』があの子を受け取ってくれればね、隣の国がようやく滅んでくれるのよ!」

 おばちゃんはコミックを大事に抱えると、大きな音を立てて扉を閉ざした。まだまだ足りない。黒髪の女は歯ぎしりをする。


 月夜の下で、麻袋が揺れている。中にあるのは男の死体。『銀の獅子』と云う"ハリケーン"を呼ぶために、生贄に選ばれた哀れな男……この村の人々は風が隣国を滅ぼしてくれるのを待っている。しかしとうの隣国は滅んで99年経つ。


 女の相手はただの村人。信心深い、厄介な一般人。金でも動かず物でも動かず、時間だけが過ぎていく。盗みは不可能、遺された手段は粘り強い交渉のみ。だがしかし、なしのつぶてだ。ああ、死体が欲しい。あの死体が欲しい。自分が『銀の獅子』ではないばっかりに!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます