no.13 スーコ『わたしは人魚』

 水は適温。わたしは人魚。視界は悪い、濁ってる。紺のスカートが尾をひいた。底深く、水面光は、どんどん遠く。きらきらきれい。


 わたしは人魚。きっとそのうち泡になる。とっても素敵。水温は低い。だんだん冷たい。視界は悪い。暗くなる。赤のスカーフがゆらゆらり。わたしはうまく泳げない。


 世界は暗い。濁ってる。わたしは人魚。とっても素敵。きらきら光る、落ちてくる、銀のリングがゆらゆらり。あれは私の宝物。彼からもらったプレゼント!


 くらくら揺れる。後悔の念。わたしは人魚?手を伸ばす、リングをつかむ。未練をつかむ。きみの名前が泡になる。このリング、捨てたはずなのにどうして海に?


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 黒髪の女は、炎天下で釣り竿を振り下ろした。通りすがりの釣り人が「嬢ちゃん、帽子もってきてないの?」と声をかける。女は何も答えない。「熱中症なるよ!」釣り人が言うと女は睨む。それでも釣り人はひるまない。

「嬢ちゃんもアジ狙い?」

 釣り人の問いかけに女は曖昧に頷く。それは夏の日の出来事だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます