no.12ジョアシャン『無限生成』

 無人島で遭難して14日がたつ。ジョアシャンは運が悪かった。あの時、旅に出ようと考えなければ。乗っていた船が難破して、生きてこの島にたどり着けたのは彼ひとりだった。幸いにして島には真水があり、木々があり、虫がいて、果物があり、獣がいて…獣から身を隠しつつ、ジョアシャンは今日までやりすごしてきた。


 そしてジョアシャンは洞窟で、とうとう人と会うことができた!正確には、人だったもの。座った姿の白骨死体と、その前に突き立てられた剣。ジョアシャンは喜んで剣を拝借した。これで獣に太刀打ちできる!それからのジョアシャンの生活は少しだけ充実したものとなった。獣を狩り、肉を得ることができるようになったから。


 しかし快適な無人島生活は続かなかった。ジョアシャンは病に罹ったのだ。吐き出し、出血し、それでも剣を片手に獣を退け、いつかの洞窟にやってきた。この剣を手に入れた場所。白骨はいなくなっていた。風化するほど時が過ぎたのだろうか?今日まで生きながらえたことを感謝して、ジョアシャンは座り込むと眠りについた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 …無人島で遭難して14日がたつ。ジョアシャンは運が悪かった。あの時、恋人を追おうと考えなければ。乗っていた船が難破して、生きてこの島にたどり着けたのは彼ひとりだった。幸いにして島には真水があり、木々があり、虫がいて、果物があり、獣がいて…獣から身を隠しつつ、ジョアシャンは今日までやりすごしてきた。


 そしてジョアシャンは洞窟で、とうとう人と会うことができた!正確には、人だったもの。座った姿の白骨死体と、その前に突き立てられた剣。ジョアシャンは喜んで剣を拝借した。これで獣に太刀打ちできる!それからのジョアシャンの生活は少しだけ充実したものとなった。獣を狩り、肉を得ることができるようになったから。


 しかし快適な無人島生活は続かなかった。ジョアシャンは判断を誤り、獣の返り討ちにあったのだ。右腕を奪われ、血を流しながらも何とか逃げ果せたのはいつかの洞窟だった。この剣を手に入れた場所。白骨はいなくなっていた。風化するほど時が過ぎたのだろうか?ジョアシャンは座り込む。血は流れ続け、やがて力尽きた。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 ……無人島で遭難して14日がたつ。ジョアシャンは運が悪かった。あの時、列車に乗ることを選んでいれば。乗っていた船が難破して、生きてこの島にたどり着けたのは彼ひとりだった。幸いにして島には真水があり、木々があり、虫がいて、果物があり、獣がいて…獣から身を隠しつつ、ジョアシャンは今日までやりすごしてきた。


 そしてジョアシャンは洞窟で、とうとう人と会うことができた!正確には、人だったもの。座った姿の白骨死体と、その前に突き立てられた剣。ジョアシャンは喜んで剣を拝借した。これで獣に太刀打ちできる!嬉々として洞窟を出たジョアシャンは、周りに美しい花が咲いていることに気がついた。剣のお礼に弔ってやろう。ジョアシャンは花を摘み洞窟に引き返す。そこでジョアシャンは出会ってしまった。


 黒い髪の女が、白骨死体を抱えていたのだ。今度こそ、生きている人だった。「あー」女は短く落胆の声を吐く。「戻ってくるのが早過ぎる」女は呆然としているジョアシャンから剣を奪い取ると、そのまま胸を突いた。そして白骨があった場所に死体を引きずり座らせる。そしてジョアシャンだったものの前に剣を突き立てた。女は白骨死体を抱えなおすと、そのまま闇間に消えてゆく。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 ………無人島で遭難して14日がたつ。ジョアシャンは運が悪かった。あの時、父親についていくと決めなければ………

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます