ⅱ 黒髪の女はいっぱい殺す

no.11サミュエル『紅茶好き』

 初老の男は紅茶が好きだ。好きだが種類に詳しくなくて、召使に任せている。


「今日のは何だか苦いねぇ」

ロマンスグレーの髪を弄りながら。

「でもこういうのも好きだ」

召使は一礼をする。


「今日のはなんだかいい香りだ」

仕立て直したスーツの裾を眺めながら。

「味も好み」

召使は舌打ちを返す。


「ユニークなフレーバーティー」

最近覚えた単語を使う。

「種類は何かな」

「バニラです」

私がよく知るアイスに似てると男は笑う。

召使は一礼をする。


「なんて素晴らしい味だ」

ある日サミュエルは絶賛した。

「明日もまたこれが飲みたいな」

神妙な顔の召使。


翌日男は撲殺死体で発見された。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 サミュエル様の遺体が消えたと、その日は大騒ぎであった。泣く召使たち、会社の部下、親しい友人を掻い潜り、遺体を背負った"召使"は息をつく。

「どんな毒も効かないなんて」

血がこびりついた爪を噛む。

「初めからこうしとけば…」

気まぐれで、苦しまないようにと考えたのだが、無駄な努力だったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます