no.10Comaに至らず

 鳥仮面をつけた『貴族種』は鮮やかに夜空を駆けた。コートがはためき、白い月の光が虚ろなマスクの目の奥を照らす。『貴族種』は屋根の上に飛び移ると眼下を見た。闇をまとう黒髪の女は、今では月の光の下にはっきりと姿を現している。女の奇襲は失敗したのだ。『貴族種』はあざ笑うかのように跳躍する!


 その細く長い足を一発、HappyBulletが貫いた。しかし『貴族種』は痛みを感じていない。もう一発、黒に染まる足を弾丸が貫く。それでも『貴族種』は跳躍を止めない。黒髪の女は腕が悪い。いつまでたっても心臓を撃ち抜くことができやしない!


 パン、パン、と虚しい音、それと同時に宙に散るのは『貴族種』の金に輝く血液だ。舞うように夜空に発った『貴族種』は、しかし7発目の弾丸が当たるとガクリと力を失いそのまま地に落ちた。ドサリという、嫌な音。


 黒髪の女は鳥仮面に駆け寄ると、そのまま死体を蹴飛ばした。何度も何度も執拗に、何かをブツブツ唱えながら。夜の向こう側から『太陽』が姿をあらわす。それに銃口を向けたが、弾の数は心もとない。『太陽』は蠢く。彼女は舌打ちをする。女は足元の死体の手足を変な方向に折り曲げため息をつくと、身を翻して神域から出て行った。


 女は死体を伴わず、グレゴリールームに駆け戻る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます