no.08 グレゴリールーム

 煙をくゆらせながら、灰髪の男は扉を眺めている。手は大きいが骨のよう、体躯は細く枯れ木のよう。


 扉の向こうから、がりがりという音が、途切れながらも長く、長く。…彼女は手こずっているようだが、男が手伝うことは無い。男は白衣を羽織りなおすと、白いカベに背を預け目を閉じた。ごりごり、がりがり。音は続く。


◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇ ◇


 ガン、ガン、という、怒りをぶつけたような鈍い音が部屋に響く。がりがり、ごりごりと、今度は何かを削り潰すような音。部屋には彼女ひとり。がりがり、ごりごり。いや、部屋には彼女がふたり。がりがり、ごりごり。


怨嗟、嗚咽、憎悪、悔悟。

本当は、もっといっぱい。


削り潰す音はいつまでも続く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます