no.07 キャロル『髪長姫への失望』

 黒髪の女は栗毛を伝って高い塔の外壁を登る。塔のてっぺんには開いた窓。そこから侵入すると、小部屋に居た栗毛の主は「ひっ」と小さく声を漏らした。現れたのが逢瀬の相手ではなかったから。キャロルはそのまま悲鳴をあげるが、誰も来ることはない。当然だ、キャロルは罰を受けここに幽閉されているのだ。黒髪の女は鉈を取り出すとキャロルに向けて振りかぶった。しかしそれよりも早く、栗毛の髪長姫は懇願をする。


「お腹の子が生まれるまで、待って」


 これまで無言だった黒髪の女は、ようやく「母になる?」と声を出す。鉈を持つ手は振り上げたまま下ろさない。キャロルはその反応に手応えを感じた。

「そう、母になっちゃうの…だから私、此処に…閉じ込められてるの」

キャロルは震える声で身の上を明かした。

「私は殺されてもしょうがないけど、貴方達にとって、この子は違うでしょ…?」

黒髪の女はそれを聞き、鉈をゆっくりと下ろした。


◆◆◆◆◆◆◆


 子供の泣き声が塔の上から響く…ヒステリックな女の声…何かが投げられたのか、大きな音…黒髪の女が窓から入ると、そこには頬を腫らして髪を乱した栗毛の少女。そして鬱屈した顔のあの日の女。「なに」キャロルは気だるげな声で続ける。「私の子よ!どうしようと勝手じゃない!」栗毛の少女は『母』の大声にビクリと身を震わせて、反射的に泣き出した。


 もう黒髪の女は躊躇しない。「やっぱり」鉈を振り上げ。「私は」声を荒げて、鉈でキャロルの肩口を切りつける。「やっぱり」キャロルは悲鳴をあげる。「私は」少女は驚き泣くのをやめる。「あの人が」女は鉈を振り上げる。「あの人だからこそ」女は鉈を振り下ろす。「母として」女は鉈を振り上げる。「相応しくて」女は鉈を振り下ろす。「私は!」


◆◆◆◇◇◇◇


 鉈ですっかり命を削られ、キャロルはもう動かない。ただただ黒髪の女の怒りをその身に受けて、ひしゃげた死体に変わってしまった。"死体"の娘はその一部始終を、声も出せずに眺めていた。女は死体を担ぐと窓の方に歩み寄り…最後に振り向き少女に尋ねる。「私に復讐する?」しかしその問いに少女は首を振った。黒髪の女は深くため息をつくと窓から出て行き、そうして二度と塔には戻らなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます