no.06 カケル『万引き犯への断罪ではなく』

 万引きをしようと盛り上がったのは、少し酒が入っていたからかもしれない。カケルたちは路地裏でまずは順番決めのジャンケンをした。何を盗るかは個人の自由!通りかかったおばさんが一瞬だけカケルたちを見たがすぐに立ち去った。どこの高校の子かしらね…とブツブツ呟きながら。没個性の学ランなんて、すぐに判別がつくわけがない。カケルたちはそう言ってせせら笑い、タバコの吸い殻を道路に捨てる。そうしてまず先輩がタバコを1カートンまるごと盗ってきて、次に部長がマンガを3冊パクってきた。後輩は情けないことに駄菓子をひとつ、あたり付きのフーセンガム!情けない、俺が手本を見せてやるとカケルは立ち上がる。


◆ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


 路地裏を出てデタラメに曲がって、手頃な店を物色する。コンビニで盗ろうと思ったが、ちょうど出てきた"黒髪の女"に入口を塞がれた。女が退く様子はない。カケルは仕方なく先を譲った。しかしどうしてか女はコンビニを出ない。来客を告げるメロディが連続して流れる。一体何やってんだ?カケルは女の顔を見た。女は笑っていた。「見つけた」。


 女は持っていたビニール袋をカケルに投げつける。ほのかな温かさと身に覚えがある弾力を感じる、この中身は肉まんだろうか、しかしそんなことよりも女の手にはなぜだか包丁!それを持ってカケルに突っ込んでくる!「なんだよ!?」カケルの叫びに女は答えない。「なんだよ、お前!?」やはり女は答えない! 包丁を避けたカケルはバランスを崩して駐車場に転がった。女は包丁を構えなおすとなおも襲いかかる。カケルは情けない叫び声を上げながら女を突き飛ばすと路地裏へ急いだ。思えばコンビニの店員に警察を呼んでもらえば良かったのかもしれない。しかし、そもそも万引きするつもりだったカケルは『警察を呼ぶ』という最善案が使える身分ではなかったのだ。


◆ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


 「たっ…たすけ、たすけ…」

息を切らして駆け込んだカケルを見て仲間は口々に叫ぶ。

「なに見つかってんだよ!」

「あれ包丁じゃね?」

「ふっざけんなよお前!おい逃げろ!!」

みんな、ほうぼう逃げて行く。まるで蜘蛛の子を散らしたよう。女は逃げまどう学ラン達には目もくれず、カケルだけを狙って走りこむ。どうして、どうして!


◆ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


 結局カケルは追いつかれて、夕暮れ色に染まる路地裏で、女に包丁で滅多刺しにされている。「はやく、しね」「はやく、しね」…みんな万引きをしたのに、カケルだけなんて不公平だと思う。しかもカケルは未遂だ。まだやってすらいないのに。「どうして…おれだけ…」喋ると口から血液が溢れでる。


 女は包丁を突き刺す動きを止めた。カケルの心臓に突き立てたまま。

「お前を殺しにきたから」

「どうして…」

「必要だから」


 カケルは体力には自信があったから、だからなかなか死ねないのかなと思っている。ただ痛い、ただただ痛い。多分死んでしまうから、もう刺すのはやめてほしい…その時「お巡りさん、こっちです!」というおばさんの声。まだ遠いが、やがてここに辿り着いてくれるだろう。助かるかもしれないと思ってしまったカケルの額に、女は銃を突きつけた。

「無駄撃ちしたくなかったのに…」

そんなモノがあるなら、最初からそれを使って欲しかった!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます