no.04 エッタ『守護神』

 今日ばかりは、さすがのエッタも死んでしまうと覚悟した。改造型ライオンがエッタを食い殺そうとした瞬間に聞こえたパアン!という乾いた音。ライオンは簡単に倒れて死んだ。突然現れた"黒髪の女"が不思議な力で守ってくれたのはエッタにもすぐ分かった。


 エッタが「ありがとう」と言っても女は反応しない。言葉が通じないのだろうか?その場を去ろうとしたが、女も付いてくる。「今から母に会いにいくんだ」、そう言った瞬間、女はまた不思議な力を使った。パアン!パアン!音にあわせて、狂化型オオワシや陸上型クジラが倒れていく。


 ひょっとしたらこの女はエッタを守るために現れた天上型アンヘルなのかもしれない。エッタの日頃の行いが、天上型セクセタに認められたのだろう。エッタは誇らしげに、女を伴いながら荒れ森を進む。

「ああ、母さんはなんて危険な所に住んでいるんだろう!」


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 言葉はまるで分からなかったが、なぜか『母』という単語だけは理解できた。彼が食われては元も子もない、しかし大獣に有用な手段が他にない。女は舌打ち混じりに銃弾を放ち、大獣の亡骸の山を築いた。かくして目的は果たされて、少年は母に会えて満足そうな顔。それを眺める彼女は「もう満足しただろう」と彼に通じない言葉で呟いた。少年は「帰り道もよろしく、セクセタの慈悲よ」と女の方を振り返ったが、それよりも早く金槌が振り下ろされた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます