no.03 ウゥリエ『魔女狩り』

 魔女ウゥリエは火に炙られていた。それは魔女狩りの儀式だった。火葬炉には誰も入れないようになっている。鉄の扉の向こうから、彼女を罵倒する声と、彼女の恋人の嘆きが交互に飛んでくる。

 熱い、熱い。ウゥリエは顔をあげる。彼女は目を疑った。誰も入れない火葬炉に"黒髪の女"が立っていた。彼女は村の者ではない。ウゥリエが見たことのない外套を身に着けている。女はおもむろに、手に持つ銀のバケツに入った水をぶちまけた。火が消えるまで、何度も何度も。そのバケツは魔法のバケツ。水なら次々湧いてくる!


(この女の方が、よほど魔女らしくはないか?)


 猛火から救い出されたウゥリエは、咳き込みながらお礼を言った。

「ありがとう、だがどうして私を助け」

 頭に斧が叩き込まれたので、言葉はそれっきりだった。


◆ ◆ ◆ ◇ ◇ ◇ ◇


 グレゴリールームに帰った女を、灰髪の男が手を打って迎えた。しかし戦利品である魔女を見て、男の顔色は悪さを増す。

「お前の技術じゃ、こいつはまだ早くないか」

 女は無表情で「時間なかった」と短く返す。頭をかち割られた魔女が、赤いラインを部屋に記す。

「ま、上手にやりな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます