no.02 イヨリ『最期のメール』

 『生きていく自信がなかった』

そこまで打って、削除、削除。

 『八方ふさがり』

そこまで打って、削除、削除。

 『生きていく気力がなくなった』

そこまで打って、削除、削除。

 『たすけて』

そこまで打って、削除、削除。


 イヨリはもう何もかもを諦めた。でもさいごに、あの子にだけは何かを伝えようと思ってスマートフォンをいじっているが、いい言葉が思い浮かばない。よく考えれば最後に会った日、それなりにいい別れ方をしたじゃないか。笑って、ありがとうって、手をふって。ああ、それでいいや。イヨリは台座を蹴った。スマートフォンが落ちる。『ガシャン』。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 すでにイヨリは事切れていた。スパナを片手に部屋にはいった女は、安堵の溜息をつく。首吊りとは賢明な判断だ。飛び降りされるより断然楽だ。そして聞こえる、階段を駆け上がる音。押入れの中に隠れると、ちょうど息を切らした女学生が飛び込んできた。イヨリを仰ぎ見て学生は泣きじゃくる。「どうして」と。


 女は押し入れの中で目を瞑る。そしていつまでも泣きわめく声を聞いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます