HappyBullet(ハッピーバレット)

最堂 四期

Ⅰ死体集め

ⅰ グレゴリールームにふたり

no.01アリシア『安息の地』

 安息の地は近い。アリシアはもつれる足に鞭を打ち、醜く走りつづける。息は絶えだえ、肺は破れてしまいそう。とにかく痛い、足も胸も腕も喉もなにもかも!

 荷物はすべて落としてしまった。靴さえも脱ぎすてた。お気に入りだったのに。

 でも今はとにかく走らなければ、逃げなければ。後ろから"黒髪の女"が追ってくる!


 嗚呼、家に帰れば、家に帰ればお母さんがアリシアを守ってくれるはずだ。くだらぬことでケンカして、家出同然で飛び出して数週間。こんな醜い再会になるとは思いもしなかった。

 嗚呼、お母さん、ごめんなさい! 私が間違っていたから、どうか助けて、この"襲撃"から!


 的確に距離を詰める影はアリシアを執拗に追う黒髪の女。

 彼女の手には血が染み込んだブロック片。女の息は乱れない。走りも安定している。アリシアとは大違い!


 とうとうアリシアは四足歩行と化す。ふたりの間の距離が縮まっていく。安息の地は、ほど近い。アリシアは、ようやく家にたどりつき!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


 アリシアの頭部はひしゃげたが損傷はしていない。黒髪の女は重い肉塊を引きずり歩く。血肉の臭いを嗅ぎとり野犬が女に向かって吠えた。女は舌打ちだけ返すと血まみれの手でグレゴリールームの扉を開く。白い空間に血のラインが染み付いた。


 今回はちゃんと7発、手元に残るだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます