第22話『Negotiation』

 午後1時15分。

 俺と遥香さんはアクアサンシャインリゾートホテルに戻る。

 このホテルのチェックアウトは午前11時まで。そして、チェックインは午後2時からということもあって、今はロビーに人があまりおらず静かである。ホテルの関係者に話を聞くのなら今が一番いい時間帯だろう。午後1時を過ぎているので、お昼休みが終わった方も多いだろうし。

「20年前の事件を知っていそうな方、ということは若くて40代半ばくらいですよね」

「そうなりますね」

 そういう人が実際にいればいいんだけれど。仮にいたとしても、人が亡くなっていることだ。当時、生まれてもいない俺達に事件の詳細を教えてくれるだろうか。そんな不安はあるけれど、実際に聞き込みをしてみないと分からないよな。

「直人さん、あの女性に訊いてみましょうよ」

 振り返ると、外からパンツルックの女性の姿が。白いワイシャツ姿だけれど、胸ポケットの所に名札のようなものを付いているから、遥香さんはこのホテルの関係者だと思ったのか。茶髪のセミロングが特徴的で、年齢は……見た目だけでは30代前半くらいだと思われる。綺麗な大人の女性だ。

「じゃあ、俺が訊いてみます」

 俺と遥香さんは女性の方に向かって歩いて行き、

「すみません、このホテルについてお伺いしたいことがありまして」

「はい、どのようなことでしょうか」

 さすがにホテル関係者ということもあって、素敵な笑顔を見せてくれる。胸ポケットに付いている名札を見ると『相良』という名前が書いてあった。『さがら』と読むのかな。

「今朝、ホテルの中でちょっと不思議な体験をしまして。このホテルについて調べたら、マニアの間では心霊系のスポットとして人気であることを知りまして」

「心霊写真が写っていた、という話はお客様から何度か聞きますね」

「そうですか。その原因とされているのが、20年前の夏……名前が変わる前のこのホテルで当時女子高生だった少女が飛び降り自殺をした事件です。その事件についてお話を伺いたいんです」

「……20年前の事件、ですか」

 何か心当たりがあるのか、相良さんは儚げな笑みを浮かべている。

「どうして、20年前のことを? お客様、かなりお若いですよね。お客様が今朝、体験したという不思議なことが理由でしょうか」

 相良さんの反応を見る限り、彼女……20年前の事件について詳しく知っているような気がする。

「……はい。信じていただけるかは分かりませんが……実は彼女、今朝、同い年の女の子と体が入れ替わってしまったんです」

「入れ替わり……」

「20年前、自殺した少女はいじめを受けていました。ただ、そんな少女にも家族ぐるみで一緒に旅行するほどのクラスメイトの女の子がいました。しかし、クラスメイトの女の子は少女が自殺する直前に突き放してしまったと証言しました。もしかしたら、少女は寂しさや悲しさを抱く中で自殺したのかもしれません。そんな思いを知ってほしくて、入れ替わりが起こってしまったのだと考えています」

「……随分と想像力に長けているんですね」

 相良さんは真剣な表情をして俺や遥香さんのことを見ている。

「他の可能性も考えましたが、この地域で人が亡くなった事件というのは、20年前の少女の自殺が最後なんです。それ以前にも特に目立った事件もありません。何の関係もない可能性もありますが、俺達は20年前の事件が関わっていると考えています。入れ替わってしまった2人には恋人がいますし……」

 という風には言ってみたけれど、何にも知らない人にとっては想像力が長けている、という一言で片付けられても仕方ないか。

 少しの間、無言の時間が過ぎて、

「……分かりました。チェックインまでもあと30分以上ありますし、20年前の事件について私がお話しします」

「あ、ありがとうございます!」

 意外だ。20年前の事件について話してくれるなんて。さっきまではむしろ話すことが嫌な感じにも思えたから。

「いえいえ。20年前のことについて訊かれたこともありましたが、これまでの方とは違ってお客様は入れ替わりという深刻な事情を抱えております。それに、入れ替わってしまった2名は恋人がいるということですが、どちらも付き合っている方とこのホテルに来ているんですよね」

「そうです。私の恋人は女の子ですが……」

 遥香さんがそう言うと、相良さんは目を見開いた。

「……女性、なのですか」

「はい、そうですけど……」

「……それならば、尚のこと話した方がいいですね。お客様の考えている通りかもしれないので。それに、あなた方なら20年前のことを話しても大丈夫だと思いますから」

 俺達のことを信じてもらえることは嬉しい。

 あと、遥香さんが女性と付き合っていることに何か思うところがあるのか。もしかして、20年前に自殺した少女とクラスメイトの女の子も同じような関係なのかな。

「あっ、自己紹介がまだでしたね。私、このアクアサンシャインリゾートホテルの総支配人の相良悠子さがらゆうこと申します」

 総支配人、ってつまりホテルの最高責任者ってことだよな。バリバリのキャリアウーマンじゃないか。

「藍沢直人と申します。昨日からお世話になっております」

「坂井遥香です。ただ、この体は直人さんの彼女さんである宮原彩花さんのものです」

「……なるほど。つまり、坂井様と宮原様の体が入れ替わってしまったということですね」

「そうです。今朝、食事会場の近くのお手洗いで、出会い頭に彩花さんと頭をぶつけてしまって……」

「そうですか。今はあまりお客様もいませんから、そちらのソファーで20年前のお話をしましょうか。何か飲まれますか? 緑茶、コーヒー、紅茶ならホットとアイスの両方をお出しすることができますが」

「俺は冷たい緑茶をお願いします。遥香さんはどうします?」

「私も同じく冷たい緑茶で」

「かしこまりました。では、すぐに持って参りますので、そちらのソファーにお掛けになってください」

 そして、俺と遥香さんは近くのソファーに隣同士で腰を下ろす。

「まさか、最初に訊いた方から20年前の話を聞けるとは思いませんでしたね」

「でも、彼女はどう見ても40代半ばには見えないんですよね」

 どんなに上でも40歳くらいじゃないだろうか。

「直人さん、あまり女性の年齢を勘ぐってはいけませんよ」

「……申し訳ない」

 若い見た目の人もいれば、大人っぽい人もいるから……たまに考えちゃうときがあるんだよな。この人、年齢は幾つくらいなんだろうって。

「ただ、私も相良さんが40代半ばには見えないというのは同感です。当時から従業員として働いていたから詳しく知っている、という私達の考えは一度無くした方がいいかもしれません」

「つまり、別の理由があって当時のことを詳しく知っている、と……」

 当時の報道を鮮明に覚えているとしても、それだけならネットにあるような情報とたいして変わらないだろう。

 ということは、自殺した少女やクラスメイトの女の子の知り合いだった。もしくは、事件当日にこのホテルに旅行に来ていたのか。

「お待たせしました。冷たい緑茶になります」

「ありがとうございます」

 俺と遥香さんは相良さんが持ってきてくれた冷たい緑茶を飲む。今日は水やコーヒーばかり飲んでいたからか、いつもよりも美味しく思える。

「……あの事件は今の時期に起こったので、毎年、夏になると思い出します」

「そうですか」

「……20年前のあの日も今日のように晴れていて暑かったです。でも、夜になって彼女が自殺したことを知ったときはとても寒かったことを覚えています」

「そう、なんですか……」

 今の口ぶりからして、20年前の事件が起こった当日、相良さんはこのホテルに従業員としてやたまたま来た旅行客ではなさそうだ。

「自殺した少女の名前は水代円加みずしろまどか。事件当時、彼女は高校のクラスメイトでした」

「クラスメイトということは、まさか……自殺した水代さんと一緒にこのホテルに旅行に来ていた女の子というのは……」

 それが分かった瞬間、これまでの相良さんの反応がどういう意味だったのかようやく分かったのだ。

 相良さんの眼からは一筋の涙。


「……そうです。私は円加が自殺する直前に、彼女のことを振ってしまったんです」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます