第25話『散り際の真実-前編-』

 5月6日、月曜日。

 午前10時。俺は卒業した母校・洲崎町立洲崎第一中学校の剣道場にいる。

 剣道場を使うために、浅水先生へ事前に2年前の事件の推測を説明した上で、剣道場を使わせてほしいとお願いをした。

 俺は今、浅水先生と一緒に2年前の事件に関わったとされる人物を待っている。その人物には現在の時刻、午前10時に剣道場来てほしいとメールを送った。

 彩花、渚、美月には家を出発してから俺の推測についてのメールを送っておいた。3人は今、家でそのメールを読んでいるところだろう。


「来たよ、藍沢君」

「分かりました」


 心の準備をして、俺はその人物が目の前に現れるのを待つ。そして、


「藍沢、俺を急にここへ呼び出してどうしたんだよ」


 笠間朋基という俺の親友の青年が剣道場に現れた。彼は爽やかな笑顔を浮かべながら剣道場に入ってくる。


「同窓会で剣道の話をしたら、急にお前と手合わせ願いたいと思って。今日で月原に帰るからさ。俺の相手をしてもらってもいいか?」

「もちろん。むしろ、俺から頼みたかったくらいだ。きっと、高校の奴らよりもいい勝負が期待できる」

「買いかぶりするなよ。ただ、やるからには本気でやろうぜ」

「当たり前だ。2年のブランクがあるからっていっても、藍沢は油断できない。全力で戦うつもりだ」

「……ああ。真っ向から勝負しよう。そこに授業用の竹刀、面、胴、小手がある。今回はこれで我慢してくれ」

「それで十分だ」


 俺達は試合の準備をするために、面、胴、小手を付ける。久しぶりだな、この感覚。竹刀を握ると自然と血が騒いでくる。相手が笠間だから余計に。

 浅水先生が審判となって、俺は笠間と2年ぶりに試合を始める。


「面!」

「胴!」

「小手!」

 

 さすがは笠間だ。動きも声の気迫も凄い。俺が中学の部活でこいつと剣道をしていたときのことを鮮明に思い出せてくれる。

 だけど、どうしてだろう。

 俺と戦う笠間を見ていると、中学のときの記憶が鮮明に思い出してくるんだ。笠間の動きが中学のときと全然変わっていないから。だからなのか、


「……また、藍沢に負けちまった」


 何度試合をしても、全て俺が勝ってしまう。

 今の笠間の動きは中学で、剣道部に入部したてのときと変わっていなかった。その頃から笠間の剣道技術は上手かったけれど、今の俺に比べても弱いということが分かる。


「完敗だ、藍沢。まったく、剣道してなかったのって嘘なんじゃないか?」


 面を取った笠間はそう言いながらも笑っていた。


「俺はあの事件以降、今日まで竹刀はほとんど触っていないよ。中学のときは五分五分だったのに、どうして今日は俺が全部勝つんだ。高校で剣道を続けているんだから、そんなはずはないだろ。ここに入学のときに出会った頃と同じ感覚だ」

「俺は全力でやってるさ。だから、この結果に悔いはない」

「……お前の全力はそれまでなのか。何か俺に対して、遠慮でもしているんじゃないのか? それとも、何か別の理由で全力が出せないのか……」

「俺の実力はこの程度じゃないって言いたいのか? それとも、俺に何か話したいことでもあるのか?」


 その瞬間、笠間は真剣な表情で俺のことを見てきた。その目つきは鋭く、俺のことを敵視しているのが分かる。どうやら、ようやく呼び出された本当の理由に気付き始めたみたいだな。


「今のお前の表情の変化で確信したよ。笠間、俺に対して何か言うべきことがあるんじゃないのか?」

「……何を言っているのかさっぱり分からないな。俺が藍沢に対して言うべきことなんて思いつかない」

「どうして、それを俺の視線を見ないで言うんだ。俺に対して後ろめたいことが何もないなら、こっちを見て何もないって言って見ろよ」


 俺がそう促すと、笠間は苦み潰した表情をしながら黙り込んでしまった。

 やっぱり、ダメだったか。最後の最後まで待ったけれど、笠間は自分から話してくれなかったか。もう、俺から切り出すしかない。


「2年前のあの日。唯が灯岬から転落死したとき、お前も灯岬にいたよな」


 そう言った瞬間、笠間は目を見開いた。

 笠間朋基。彼こそが2年前のあの日、唯が岩場に転落したときに灯岬にいた人物だ。


「……俺が唯を突き落としたって言いたいのか?」

「そうじゃない。俺は笠間が唯を殺したとは言っていない。ただ、唯は灯岬に誰もいない中で岩場に転落したとは思えないんだ」

「ど、どうしてそう思うんだよ」


 笠間の声は震えていた。その震えは体に出て、竹刀にも伝わっている。そんな笠間は依然として俺の方に視線を向けようとしない。


「左手だけなくなった手袋だよ。問題はその手袋はどこに消えたのか。唯の左半身は海水で濡れていたけれど、彼女の左手が海に浸かってはいなかった。それに、あの日は波も穏やかだった。自然に左手の手袋が外れ、海に流れてしまった可能性は極めて低い」


 左手の手袋は現在も見つかっていない。灯岬でも岩場でもない。ここで海に消えたという可能性を除去したら、残るは1つだけだ。


「誰かが左手の手袋を持ち去ったんだよ。そこで重要なのはどうすれば左手の手袋が彼女の手から外れてしまうのか。最も考えられるのは、唯が岩場に落ちてしまいそうなとき、彼女を助けるために誰かが左手を掴んだときだ。しかし、唯の重みに耐えきれずに左手が手袋から抜けてしまった」


 そう、笠間は岩場に落ちてしまいそうな唯を助けようとしたんだ。唯の左手を掴んで。

 しかし、手袋をしていたせいで彼女を岬に引き上げることができず、左手が手袋から擦り抜けてしまい、唯が岩場に転落してしまった。


「事件現場に誰かがいた。そう思ったもう1つの理由は、唯の上に乗っていた木の柵の破片だよ。岬の木の柵……唯が落ちたとされる部分については綺麗になくなっていた。唯の体重で破れてしまったようには見えなかったんだよ。あれは、お前が意図的に木の柵を壊したからじゃないのか?」

「そんなこと誰にだってできるだろ! 確かに俺にもできるけれど、それは藍沢にだってできるはずだ。椎名や佐藤や北川だって。みんなにもできるだろ……」


 確かに、俺が今言ったことは、唯が岩場に転落してしまったとき、灯岬に唯以外の人間がいた可能性があることを示しただけだ。笠間の言うとおり、その人間が笠間かもしれないし美緒かもしれない。もしかしたら、俺かもしれない。


「俺が柴崎の死んだことに関わっている証拠でもあるのか。証拠もないのに藍沢はそんなことを言わないよな?」


 痛いところを突かれる。

 しかし、俺は証拠を固めて笠間に認めさせることが本望ではない。あくまでも、笠間が自ら2年前の真実を語ることが第一だった。こうして俺が推測を話すのは最後の手段だ。


「……証拠はないよ。お前を追い詰めているようで嫌なんだ。俺は笠間から真実を話してほしかったんだよ。一度も俺は笠間が悪いなんて言っていない。ただ、明らかになっていない真実があるなら、俺はそれが知りたいんだ! 美緒も同じ考えだし、佐藤や北川、浅水先生も……唯を知っている誰もが思っていることなんだ!」


 笠間のことを追い詰めようとしていないことを伝える。

 しかし、笠間は複雑そうな表情をしながら、下唇を噛んでいるだけで何も言葉を発しない。どうして、そこで黙るんだ。違うなら違うって言えばいいだけなのに。黙っているってことは、そういうことなんだろう?

 言葉で説得ができないのなら、もうこの方法しかない。

 俺は笠間の持っている竹刀を指さす。


「もし、俺が間違ったことを言っていたら、俺は笠間にとても酷い言いがかりをつけたことになる。笠間、俺が間違っているなら気の済むまで、お前が今持っている竹刀で俺のことを叩いてくれ。俺は何も抵抗しない」


 それによって、俺の推測が真実であるか否かが分かる。俺が間違っていたら、笠間の怒りを全て受け止めるつもりだ。

 胴も小手も取り、竹刀も床に置いて俺はただ、笠間の方に向かって立つ。

 笠間は俺の方を向いて立ち、竹刀を構え、勢いよく俺の方に走ってくる。彼が大きく振り上げた竹刀は――。


「……お前の言うとおりだよ」


 俺に当たる寸前で振り下げ留まっていた。

 笠間は俺の目を見ながら、一筋の涙をこぼしていた。その涙には悔しさ、悲しさ、虚しさ、怒り……2年前のあの事件に対する感情が全て溶け込んでいるように思えた。


「まさか、本当に笠間君だったなんて……」


 入り口にはちー姉ちゃんが立っていた。彼女にも今朝、笠間が事件に関わっていたという俺の推測をメールで伝えておいたのだ。俺が笠間とこの剣道場で話し合うことも。


「笠間、お前の言葉で2年前の事件の真実を知りたい。とても辛いことだと思うけど、俺達に教えてくれないか?」


 あの日から2年以上経ったこの瞬間まで明かされなかった真実。笠間と唯だけが知っている真実とは何なのか。それを俺達が知るときが訪れたんだ。


「分かった、あのときのことを全て話す。その前に1つ言わせてくれないか」


 笠間はそう言うと、涙を拭き取って俺に深く頭を下げた。


「……すまなかった、藍沢」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます