第22話『"悩む"こと』

 早朝ということもあって、大浴場に行っても人が数えるほどしかいない。それも、ご老人がほとんど。俺よりも若い人はいないんじゃないだろうか。

 髪と体を洗って露天風呂の方に行くと、そこには父さんが1人で入浴していた。

「父さん」

 声をかけると、父さんは俺に向かって軽く手を上げる。


「おう、直人じゃねえか」

「父さんも入っていたんだ」

「ああ。早朝の温泉が旅行の醍醐味ってもんよ」


 そういえば、父さんは温泉とか大好きなんだよな。小さい頃、たまに朝早く起きたときは父さんと2人で大浴場に行ったっけ。そのときは決まって部屋に戻る間にジュースを買ってもらっていた。

「後で金渡すから、風呂の帰りにコーヒーでも買えよ」

「お言葉に甘えてそうさせてもらうよ」

 俺は父さんの隣で温泉に浸かる。温泉がちょうどいい温かさなので眠気が出てきた。


「それで、昨日は彩花ちゃんと渚ちゃんと何かしたのか?」

「いきなり何を言うかと思えば……」

「お前、何もしなかったのか?」


 何やってるんだよ、と父さんは軽くため息をつく。というか、父親として俺にそういうことを推奨してはいけないだろ。美月がいるのに。


「俺は母さんと楽しい夜を過ごしたぞ。月明かりに照らされる母さんはとても可愛かったなぁ! 久しぶりに新婚気分を味わった」


 ははっ、と父さんは楽しそうに笑っている。そんな父親の姿を見ると、昨日の夜は本当の楽しかったんだって思える。


「まあ、こっちは……プライベートの露天風呂に一緒に入って、夜は……一つの布団の上に3人で寝たよ。それぞれが寝る間際に口づけしたくらいだ」


 こんなこと、父親に報告してしまっていいのだろうか。


「……お前らしいな」


 そう言う父さんは納得しているようだった。

「直人」

「なんだ?」

 すると、父さんは真剣な表情をして、


「……直人。正直なところ、彩花ちゃんと渚ちゃんのどっちがいいと思ってるんだ」


 父さんの質問は俺の一番訊かれたくないことだった。彩花と渚のどっちの方が好きなのか。俺は決められずにいる。

 彩花と渚、それぞれに異なった魅力がある。甲乙はつけがたい。

 2人とも大切な存在だと言い切れる。2人とも愛しているとも言い切れる。それは2人のことが好きだという感情から生まれてきているのだろうか。そうだとしたら、怖い。どちらかにしなければいけないと考えるとなおさら怖い。


「まあ、唯ちゃんのことがあったからな。なかなか決められない気持ちは分かる」


 父さんにそう言われたとき、俺はふとある疑問を抱いた。


「父さんはどうだったんだよ。父さんはどうして母さんを選んだんだ」


 学生時代、父さんの周りにはたくさんの女性がいた。そんな中、どうして母さんを選んだのか。いや、選ぶことができたのか。それを訊いてみたかった。

 父さんは空を見上げながら少しの間、黙っていた。


「……男の中にはハーレムっていう夢を抱くヤツがいる。それで、実際になりかけるけど……絶対にならねえんだよ。俺もそうだった」


 父さんのことが好きな女性は多く、母さんもその中の1人だったという。父さん曰く、母さんはその女子達の中では大人しい方だったようだけど。


「俺のことが好きな女に囲まれたい。そんな願望に対して、全ての女子を等しく愛し、女子達の関係を壊さないように努める必要があった。だけど、実際は男なんて不器用な生き物でさ、自然と誰か1人を愛するようにできているんだ。俺はそう思う」

「そこで俺が訊きたかったことだ。父さんは男が1人の女性を愛するものだと思うようになり、実際には母さんを選んだ。それはどうして?」


 その決め手が何かこの苦しみを脱するヒントになるんじゃないかと思って。

 父さんはクスクスと笑った。


「……勘だよ」

「えっ?」

「俺は母さんのことも好きだし、他の女も好きだった。でも、何故か……母さんのことが一番愛し抜けると思ったし、母さんと一緒に幸せになれる自信が自然と出てきたんだ。あとは母さんとなら大丈夫だ、っていう直感だな。それで母さんと付き合うことに決めて、今に至るってわけだな」


 父さんの直感は当たっていたということか。昔のことを話しても、母さんと楽しく笑っていられるのがその証拠だろう。


「まあ、昨日の夜に母さんと色々として、やっぱり俺は母さんを結婚して良かったって思ったけどな!」


 ははっ、と父さんは再び楽しそうに笑う。本当に、2人きりで色々と楽しいことをしていたんだなぁ。父さんと母さんのことなので、何をしていたのかは容易に想像できてしまう……というか、想像してしまってはまずいのかも。


「直人。よく覚えておけ。誰も傷付かない決断なんてない。だから、時間がかかっていいからとことん悩め。それで、いつか必ず決断しろ。あの2人のどちらかと付き合うとしても、どっちとも付き合わないとしても。決断するってことは、そのことの責任を自分で取るってことだからな。あの2人なら、お前の決断を受け入れてくれるだろう」


 父さんは真剣な表情をしながらそう言った。父さんの言うことに説得力が感じられるのは、父さんが実際にそういったことを経験してきたからだろう。


「でも、何が正解なのか――」

「ははっ」


 父さんは俺の言葉を遮るように快活に笑う。


「正解なんて誰が決めるんだよ。誰にも決められないだろ。第一に何が正解なんだ? 俺が母さんを選んで良かったと思っているけれど、正解じゃないかもしれない。この先、何が起こるか分からないからな。そんなの死んでも分からない。でも、この判断が最良だったとは思いたいじゃないか。俺の場合は母さんを選んで良かったってな。だからこそ、とことん悩むんだ。少しでもそう思えるようになるためにな」

「……そう思えるように、か」


 今だって悩んでいるよ、俺は。2人の笑顔を見ると、苦しくなることがあるんだ。俺は何もできていないのに、2人は俺に好きだという気持ちを素直に見せてくれている。しかも、2人は優しいから互いのことを恨んだり、憎んだりしていない。

 そんな2人でも、父さんの話の通りになれば、今のままではいずれ、俺のことで恨み合ったり、憎しみ合ったりする関係になってしまうのかも。それはどうしても避けなければいけないと分かっているのに、今の俺は決断する勇気の欠片も持てないんだ。決断することも怖いから。


「苦しかったら父さんに遠慮なく相談しろ。俺も直人と同じような経験はしてきたつもりだから、何か考えの助けになるかもしれない。母さんに相談するのもいいだろう。誰かに相談することは何も恥ずかしいことじゃない。抱え込むようなことはするなよ」

「悩めって言っておきながら、何言ってるんだよ」


 父さんの言っていることが矛盾しているような気がしたから、少し皮肉っぽく言ってみた。

 しかし、父さんはいつものように笑った。


「俺が言った『悩め』っていうのはしっかりと考えろって意味だ。今、直人が考えるべきことについて。ただ、どうしようもないくらいに苦しくなったり、先が見えなくなったりしたら相談しろってことだ」

「……ああ、分かった」


 要するに2人のどちらかと付き合うか、どちらとも付き合わないかについてよく考えろってことか。でも、考えれば考えるほど、底なし沼に飲み込まれるような感覚に陥る。

 俺と父さんの違いはそこなんだ。

 父さんは最終的に決断できるけれど、俺にはまだそんなことはできない。できるだろうという未来も見えない。俺も父さんのようになれるのだろうか。


「直人は俺よりも辛い想いをしてきた。だから、考えることでさえも怖いって思うかもしれないけどよ。……頑張れ。今、父親として直人に言えるのはそれしかない。情けない父親ですまないな」


 静かにそう言うと、父さんはゆっくりと立ち上がって露天風呂から出る。


「昔話以外で色々と語るのは、やっぱり俺らしくねぇな。ちょっとのぼせちまった。俺は先に出る。一緒に出るなら後で飲み物でも買ってやるけど、どうする?」

「俺はもう少し、温泉に入ってるよ」

「そうか。分かった。何か飲み物を買ったら言ってくれ」

「ああ、ありがとう」

「じゃあ、俺は先に出るよ。朝食のときにまた会おう」


 父さんはそう言って大浴場の中に入っていく。その時の父さんの背中はとても大きく見えたのであった。俺の記憶の中で一番広かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます