第21話『赤面だった理由』

 5月5日、日曜日。

 旅行に行っても唯の夢を見てしまうんだな。昨日の夢もそうだったけれど、あまりにもリアルだったのでまるで当時を回顧しているようだった。

 部屋の中は薄暗く、壁に掛かっていた時計を見ると、現在の時刻は午前5時半。旅行に来ると、なぜかいつもより早く目が覚めてしまう。


「んっ……」


 左側で色っぽい声が聞こえたので彩花なのかと思って見てみると、意外なことに美月が俺に寄り添って寝ていた。ちゃんと寄り添っているということは、一度目が覚めて俺の横に来てから寝たのだろうか。もし、そうではなく寝ぼけたままでしたのならそれは奇跡だ。

 そうなると、1つの疑問が浮かぶ。彩花はどこで寝ているのか?

 美月の横に彩花の姿はない。

 残るはただ1つ。渚の方だ。

 美月を起こさないように、ゆっくりと体を起こして渚の方を見ると、彩花と渚が寄り添って気持ち良さそうに眠っている。彩花が俺の体を乗り越えて渚の方に行った可能性は高そうだけど、そこは気にしないでおこう。

 というか、眠っている間に体が動いたせいなのか、3人とも浴衣が結構はだけてしまっている。これでは風邪を引いてしまう。

 まずは美月に布団を掛け、次に彩花と渚に布団を掛けようとしたときだった。


「直人先輩……」

「うん、どうした……えっ」


 思わず出てしまった声も、思わず止まってしまう。彩花が寝言で俺の名前を言うと、まるでその言葉に答えるかのように渚が彩花のことを抱きしめているのだ。

「直人……」

 渚がそう呟いた次の瞬間、彼女は彩花に向かって口づけを始めた。


「直人先輩、好きです……んあっ」

「直人! 直人……!」


 俺の名前を口にし、1枚の布団の上で彩花と渚が激しく求め合っているではありませんか。昨晩、彩花と渚が俺にしてくれた口づけなんて比べものにならないくらいに激しい。2人の寝言からして、それぞれ夢の中で俺と口づけをしているのかな。

 なるほど、昨日……朝から旅館に着くぐらいまで2人に距離があったのは、昨日も今と同じようなことが起こっていたからなのか。互いに目を合わせようとしなかったことや、目が合うと思わず顔を赤くしてしまったことに納得する。目が覚めたとき、互いにライバルと口づけしていたことに気付き、驚いたんだろうな。


「直人、普段よりも唇が柔らかいんだね……」


 それは彩花の唇だからだよ。


「直人先輩って口づけすると意外に声、出すんですね。いつもはそんなことないのに」


 それは渚と口づけしているからだよ。

 それぞれがそんな寝言を言うと、彩花と渚は口づけ再開。夢の中ではお互いに俺と口づけしているんだから虚しく見えてくる。

 万が一のことを考えて、美月を2人から十分に距離を置いたところまで運ぶ。

「さてと、2人はどうするべきか……」

 彩花と渚は体をすり寄せているので浴衣が更にはだけていく。密着して暑そうだから、布団をかけても、すぐにはいでしまうかもしれない。あと、布団をかける際に巻き込まれる危険がある。


「直人先輩……」

「直人……」


 とても甘い声で2人が俺の名前を言ってくる。それは夢の中の俺に対してだろうけど。

 俺は細心の注意を払いながら、彩花と渚に布団をかける。それでも2人の口づけは続いている。現実の俺はゆっくりと寝かせているけれど、夢の中での俺は2人を寝かせるつもりはないのかね。

「大浴場にでも行くか」

 朝になると男女が入れ替わって、昨晩に入った方とは違う風呂に入ることができるのだ。この部屋にいても気まずいだけだし、気分転換に行ってみるか。


『AM5:35 大浴場に行ってくる。 直人』


 このメモをテーブルの上に置いておけば大丈夫かな。

 俺はカードキーとバスタオルを持って静かに部屋を出た。

 何というか、朝から凄い光景を見てしまった。あの様子だと、きっと今日も2人は気まずい状況になってしまうだろう。2人に訊かれても、何も見なかったと言っておこう。きっとそれがいい。

 あとは美月があの光景に出くわさないことを願うのみだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます