第85話 パッツンドラゴンお嬢様

「モンスターコフィン、全種族コンプリートせんでも。」

正直、特撮番組でもアイテムが多すぎて出番がないとかある。


「未来の皇帝たる殿下がなんと申されますか(泣)」

燕尾服着た人間サイズの銀のドラゴンの人に嘆かれた。


・・・・・何かこの人?ドラゴン?スポーツチームのマスコットみたい。


ドラゴン族の領地、と言われる水墨画みたいな山に囲まれたでかい湖。


「ドラゴンと、魚竜ってどう違うの?」

メイが魚竜に化けるので聞いてみた。


「はい、我々ドラゴン族と人魚族の交配により生まれたのが魚竜族です。」

説明してくれた。


「改めて自国の事を知らないと思い知らされます。」

申し訳なさが出てくる。


「いえいえ。まずはブルードラゴン種の縄張りからご案内いたします。」

ここの湖の中に全部いるんじゃなかったらしい。


「シルバードラゴン種の所からご案内したかったのですが横槍が入りまして。」

何か、面倒くさいことを言い出した。


「抜け駆けをしたのはそちらです!!」

湖の中から大きな音を立てて飛び上がって、何者かが出て来た。


三叉槍を手に持った、鱗みたいな胴鎧にスカートを穿いていた。


スカイブルー色の髪を前髪ぱっつんの姫カットにした、巨乳な美少女であった。


そして美少女の頭には鹿のような角が生えていた。

「初めまして、皇太子殿下。リーファと申します以後宜しくお願いいたします♪」

リーファが丁寧にお辞儀をした。


「・・・・・・お前ら何か確執あるのかよ?・・・お家帰りたい。」

進太郎はげんなりした。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます