第62話 イエティ族の困り事

宿であるホテル、レオナールに辿り付いた一行フロントに荷物を預ける。

話はロビーで始まった。

「初めまして、イエティ族のエティと申します末長く宜しくお願いいたします。」

イエティ娘が嫁入りのように挨拶する。


「・・・・・・ヘルの結婚式か?」

元気が疑問を口にするとエティは照れる。


「オトモモンスターは、ヘルグリムさんのお嫁さんらしいですからね~♪」

アイリーンが微笑む。


「はい、嫁がせていただきます♪」

無邪気な笑顔で微笑むエティ、進太郎は頭を抱える。


三メイド達はというと、進太郎の左腕、右腕、左脚にしがみつき

空いている右脚へとエティを手招きしエティが右脚にしがみつく。


「・・・・・・な、何をするお前ら!!」

進太郎の抗議の声は無視、どうやらエティを迎え入れる用意は出来てる事らしい。

エティのモンスターコフィンの入手自体は手に入った。


が、そのコフィンは鎖が掛けられていたものだった。

「何か心配事か、エティ?」


進太郎が聞くとエティが

「はい、雪山を、イエティ族を助けてください!!」

と懇願する。


フリームスルスと言う別の魔界のゲートが開き、氷の巨人達が

雪山に攻めて来たのだという。


これまでは地元の軍隊で撃退に成功して治安を維持していたが

ゲートを破壊しない限り解決には至らない。


ゲートを開けるのは、強大なボスクラスの敵のみ。

それを倒せば侵略は止まる、ボスを倒すには強大な魔力と火力が

必要と説明される。


「出番だな元気、全力を出しても平気だぞ。」

進太郎が元気に言う、この炎の超人なら勝てる。

「元気さんがいれば、寒くないですね~♪」

アイリーンはマイペースだ。


「・・・・・・寒いのは嫌だ、雪がなくなっても知らねえからな!!」

元気の闘志に火がついた所で話はまとまった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます