第63話 雪が解けて 前編

進太郎達は、真っ白な標高2千mの雪山の麓へとたどり着いた。

空には敵が開いたゲートが見える。


「・・・・・・さ、寒い!!もうこの時点で我慢できねえ!!」

元気は一気に巨大なファイヤーマッスルに変身してゲートへ向かっていった。


進太郎もスターライトブリードの姿に変身。

「アニー、頼むぜ。」

と言って、アニーの首に首輪を着ける。


メイドのアニーが

「はい、アニーにお任せあれ♪」

と応じて50m程の巨大な炎の狼になる。


スターライトブリードはアニーの首輪の飾りに吸い込まれた。


アニーに着けた首輪は『騎乗の首輪』と言って操縦席

になるマジックアイテムだ。


巨大なイエティになったエティが、アイリーンを乗せて山頂を目指す。


山道を進むたびに、山頂の方から雪がなくなり気温が上がってくる。

雪山がただの山に変わるのも時間の問題だと思われる。


山に住むイエティ族たちが、急激な気温の変化にばたばたと倒れていた。


先行して炎の巨人と化したファイヤーマッスルが、氷の巨人達と戦い

周囲の雪を蒸発させているのが原因である。


「・・・・・・戦いは元気に任せよう、住民達を麓へ避難させねば。」

スターライトブリードの提案はテレパシーとして仲間達に通達される。


アニーと同じくメイドのフランが、女性型のドイツ式甲冑の巨人となる。


エティも暑さに耐えつつ、同胞達を回収しフランもイエティ族を見つけては

体内に収容しては麓へと運んでいく。


・・・・・・ファイヤーマッスルは、無双していた。

炎の巨人と氷の巨人、どっちも互いに消滅しそうな存在だが

奴らにはファイヤーマッスルの炎は消せなかった。


寒波と熱波がぶつかり爆発する中、相手の低温以上の高温を出して

暴れて氷の巨人達を滅ぼしていくファイヤーマッスル。


彼の思いは唯一つ、こいつらを倒して温泉に浸かりたい!!寒さは敵!!

「ヘル達、まだ来ねえな俺一人でやっちまうか。」


そして、ファイヤーマッスルは闘志を物理的に燃やしゲートから次々降ってくる

氷の巨人を倒して周囲の気温を上げる。


そんな中、ゲートから青い肌の一つ目巨人が冷気を放って降りてくる。


巨人の冷気とファイヤーマッスルの熱気がぶつかり、決戦のゴングが鳴った!!












  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます