第9話 アイリーンは銀の巨人

疲れたと言ってサボろうとするこま、それを説教しつつ合流を目指すかぱ子。

その頃、アイリーンは交戦状態だった。

敵は全身にフジツボが付着した怪人、フジツボガン。

ガンマンのように自分の体からフジツボを撃って来る怪物だ。

金髪をなびかせ、ヘドロ戦闘員を打撃で倒して遮蔽にしつつ

アイリーンも掌から光を弾丸のように発射して射ち合う。

「やるな、女!!だがこのフジツボガン様に落とせない敵はいない。」

腕をショットガンのポンプのようにこするフジツボガン。

しかし、次にフジツボガンは股間に当たる部分から射撃してきた。

突然の奇襲を運よく避けたアイリーンは顔を真っ赤にして怒る。

「なんて、破廉恥な!!神の名の下に許しません!!」

周知と怒りにまみれた、アイリーンは激昂した。

垂れ目で閉じられた瞳が全開眼し、瞳は金に光っていた。

アイリーンの怒りにおびえるフジツボガン、今度は全身からフジツボを乱射する。

だが、その弾丸はアイリーンの全身から発せられる光により消滅する。

そして、アイリーンは変身した。

何の原理か衣類は破れず、全身に青く光る幾何学模様が描かれた

身長30メートルはある銀色の女性の巨人が現れる。

アイリーンの正体は、異次元の宇宙から来た巨人族である。

宇宙の構造はコンビニの三個入りサンドイッチの状態をしている。

左端のサンドイッチが、数多くの魔界宇宙で構成される魔界宇宙群まかいうちゅうぐん。真ん中のサンドイッチが人間界宇宙群にんげんかいうちゅうぐん。そして、右端のサンドイッチが天界宇宙群てんかいうちゅうぐんという構造でそれぞれの次元の宇宙群に無数の魔界、無数の人間界、無数の天界が存在しているのだ。

主人公である、進太郎のヘルグリム帝国も魔界宇宙群のひとつである。

アイリーンは天界宇宙群の一つで、魔界宇宙群と対立している世界の出身だ。

フジツボガンは、驚愕し恐怖により動けなくなっていた。

先ほどまで人間サイズだった相手が突然巨大になったら当然である。

巨人化したアイリーンの銀色に輝く拳が振り下ろされ、周囲に被害を出さずフジツボガンを粉も残らず消滅させた。

アイリーンは変身を解除せず、空を飛び沖へと向かった。

海域のどこかにネクロマーレの開いたゲートと本陣があるはず、そこを叩けば

今回の侵攻は収まるはずだからだ。

自分の素性や能力などは後で仲間に話そう、高校入学二日目にして駄目にされた昼休みの恨みは深い。

ヒーローである前に、自分達は学生だ青春を満喫したい!!

アイリーンは空を飛ぶ速度を上げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます