ラノベ作家への道のりを大相撲の番付で例えてみた。

作者 明石竜

4

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く