とある事件の異常性について

作者 もょもと

103

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

サンフランシスコ市長選をめぐる連続怪死事件を、記録調の文体で描いたミステリ作品。
最初の被害者となった有力候補者モンデリーズを信奉するものたちが、氏のキャッチフレーズ「美しい」を掲げて続々と選挙戦に出る様は、昨今の米大統領選挙や、仏シャルリー・エブド事件の「私はシャルリーだ」を彷彿とさせて政治的ウィットを感じる。

作品の筋としては、モンデリーズたちをめぐる謎の殺人事件こそが主要な謎である。
最初のモンデリーズの死も謎だが、その後の模倣者たちの死因も謎で、死因にまつわる都市伝説――公約をパクると殺される、一定の字数以下だと殺される、という話もどこから出てきたのかかなり不穏である。

人が死にすぎの選挙戦自体そもそも異常だが、どうもこの文章全体がYomoto Mox(作者と同名)の記事によるものであり、彼がモンデリーズと関係があることは作中でも仄めかされているが、そもそも登場人物のネーミングもきな臭く、謎解きはほどほどに、まずは薄ら寒い怪文書的な文体を楽しんでみていただければと思う。

(寒すぎる夜をより寒く!? 怖い話4選/文=村上裕一)

★★★ Excellent!!!

選挙をテーマとしたサスペンスとして非常に面白い。
小説としては、かなり異端の表現方法をしていますが、スピード感と読者を物語に引き込む力があり、一気に読めます。

ラスト1行で、あなたはこの物語の真の意味を知る。

★★★ Excellent!!!

物語には登場人物が登場し、会話をし、そこから推理や考察が出てくるもの……という概念を見事に破壊してくれました。
観測者であり事件を追及するノンフィクション作家が淡々と言葉を綴るのが印象深く、心に残りました。

★★★ Excellent!!!

 実際の市長選においては10万文字の公約こそが出馬条件である以上、僅か数文字の意思表明では年俸の有資格者足り得ない。
 しかし世論はどうか。支持率ならばどうか。委員会の作り上げたシステムの間隙を縫い、彼らの描く予定調和に公然と反旗を翻した「美しき」人々。

 死を覚悟した挑戦の末、散っていった全ての意志に弔慰と欽慕を。
 そして腐敗を知り、しかし尚もこの街で生きる我らに、せめて幾許かの祝福を。

 今は亡きMox氏の墓前に、ギリシャ語で敢闘を意味するOreoを添えて。