ギャグ

【妻のターン】


 

 夫の言葉に、時折戸惑うことがある。


「そんなバナナ!」


「……」


 息子をあやしてるフリしてスルー。今のは、夫がバナナを食べようとして、全部食べちゃってて、一個もなくて発した言葉だ。


 つまり、ギャグ。


 つまり、オッサンギャグ。


 つまり、スタープラチナ。


 私は、こんなときどうしたらいいのかわからないので、とにかく聞こえなかったフリをする。


「そんなバナナ!」


「……っ」


 二回……だとっ。


「……コホン」


 これ見よがしに、咳払い。


 り、凛ちゃん……あいつなんとかして――「ぐー、ぐー」


 ね、寝たフリ……だとっ!


「……ヨモー、いないいないバァ」


 とにかく、私は何も聞かなかった。私は、息子をあやしていて、修ちゃんの存在には全く気づかなかった。


 しかし、夫は偉大だ。私のしょうもない冗談に毎回付き合ってくれる。毎回毎回……


 まぁ、私は付き合いませんけどね!


「理佳」


「えっ! 修ちゃん、いたの!? いゃあ、気づかなかった」


 これ見よがしに、初めて気づいたアピール。


「……」


 夫は黙っている。


 しまった……疑われた……か。


「しゅ、修ちゃん嘘じゃないよ――「そんなバナナ!」


















 ぐはぁ(なんとなく)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます