泣き止まない


【夫のターン】


 一応、日常が戻ってきたと言っていいのだろうか。妻も娘も、そして息子も帰ってきて、朝からドタバタが始まっている。


 しかし……


「泣いてるな」


「う、うん。泣いてるね」


 蓬が、めっちゃ泣いてる。


「ベロベロベロバー」


「ッハハハハハ!」


「なんで理佳が笑うんだよ!」


「つ、つい……変な顔過ぎて――「うるせーバカ!」


 とは言え、中々泣きやまない。妻もアレやコレやとやっているが、全然泣きやまない。


「あーん! なにがして欲しいの?」


 ほとほと困り果てて、嘆く妻。


「凛ちゃんの時は、そんなに泣いてないんだけどな」


 と言うか、夜泣きも、全然しなかった。泣かなさ過ぎて、病院に見てもらったら、とんでもなく健康優良児だった。


 まぁ、普通の赤ん坊は蓬の状態に近いのだろう。


「おしめは? ミルクは?」


「問題なし。私という聖母がこれ以上なく優しく抱いているし」


「……」


 もう、お前に、何も言うことはない。


 しかし、赤ん坊は泣くもんだと言っても、これは少し泣きすぎなんじゃないか。


「修ちゃん、ちょっとお義母さんに電話してよ」


「……普通、実の母親に相談しないか?」


 とは言え、この女が子どもの時は、恐ろしくたくましく子どもだったんだろうと容易に想像はつく。残念ながら参考にはならないだろう。


 仕方なく、母親に電話をかけ、スピーカー機能に。妻にも聞こえるように話す。


「あら、修。どうしたの?」


「いや、蓬が結構泣いてるんだけど。どうやったら泣き止むかなと思って」


「あらー、ヨモちゃんはお前似なんだねぇ」


 シミジミと母親が言ってくる。


「ふーん、俺ってそんなに泣いてたんだ」


 自分のことだからわかんないかったけど。


 じゃあ、大丈夫ってことなのかな。


「ヨモも苦労しそうだね……」


 どういう意味かな。


「で! どうやって泣き止んだんだよ」


「まー、あんたはお母さんのおっぱいが好きでねー。とにかくおっぱいが好きで好きで」


 おい―――――――――――――――!


「ちょ……おまっ……なにを……」


「理佳ちゃーん、とりあえずおっぱい飲ませて見て―。息子似だったら、絶対におっぱいに――」


 ガチャ


 あんな奴は、もう、親じゃない。


「修ちゃん……」


「……」















 もう……俺、妻の顔見れねぇよ!






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます