【妻のターン】


 退院して、3日が経過。赤ん坊の状態、良好。もう、これ以上ないくらい幸せなのだが、当然二人目ならではの困惑もある。


「よーも。よーも。ふふっ、ふふふふふふ、ふふふふふふふふふは」


「……」


 娘が、弟を愛しすぎている件について。


 最初は、えらく気に入ってくれたと夫と共に喜んでいたが、ヨモギを見つめるその瞳が異常なほどキラキラしている。


「ねぇ、ママ」


「ん?」


「私、ヨモと結婚したい」


 !?


「ちょ、凛なにを――「り、凛ちゃん……パパじゃないの!?」


 娘大好きパパは黙ってろ!


「あの……凛、弟と結婚はできないのよ」


「なんで?」


「え゛っ!」


「なんで? なんでヨモと結婚しちゃダメなの?」


 そ、そう言えばなんでだろう。


「ちょ、ちょっとタイム! 修ちゃん集合」


 そう言って、夫と作戦タイム。


「なんだよ?」


「修ちゃんって、妹の美幸ちゃんと結婚したいと思ったことある?」


「あるか!  ふざけんな!」


 こ、これ以上なく全否定。


「なんで? 私、一人っ子だからその感覚わかんないのよ」


「普通に考えたら、その思考に行きつかないだろうが」


「でも、娘は弟と結婚したいって言ってるよ!」


「そんなもん、『将来はパパの奥さんになるー』とかってのと大差ないだろうが」


「でも、娘は今までそんなこと一言も――「うるせーばーか! 凜ちゃんと結婚したらお前となんて即離婚だ!」


 ひ、酷い。


「じゃあ、私もヨモギと結婚して修ちゃんと離婚する!」


「上等だこの野郎!」


「「ふんっ」」


 となんだかよくわからない喧嘩をしつつ。


「凛……パパじゃダメ?」


「やだー」


「だって」


 ニヤリ。


「き、きたねーぞ!」


 夫は胸が苦しそうだ。


「ねえ、ママー。なんでヨモと結婚しちゃダメなの? なんでー? なんで―? なんでー?」


 でた! 子どもの『なんでなんで攻撃』。


「……そう言うルールなの」


「えーっ! 誰が決めたの?」


「……総理大臣」


「ふーん……じゃあ、凛、ソウリダイジンになってルール変えるー」


「そ、そう。頑張ってね」


 一通り満足したのか、再び娘はヨモの方へ行き、「フフフー、フフフフフー」と笑っている。













 まさか……本当に、総理大臣にならないよね。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます