子ども


【夫のターン】


 妻の出産が無事完了した。


 と言うか、


「あの……次の出産がありましたら、全国の研修医に立ち会わせてもいいですか?」


 出産後に院長さんが頭を下げてきた。


「えっ……なんでですか? ま、まさか、なんか悪いところが?」


「いえ、逆です」


「ぎゃ、逆?」


「私が見た患者の中でもダントツに早く出産して、術後の回復も驚異的な速度です。是非とも、研修医たちに見せておきたい極めて優秀な妊婦さんなんです」


「い、いや。その……さすがにそれは……妻以外でお願いできませんか? その、他にもいるでしょう?」


「それが……前回までの新記録が、あの……娘さんを出産された時で……その前が……理佳さんの母親に当たる方で……」


な、なんちゅう一家だ……


「今後の医学の発展に何卒!」


 院長が土下座せんばかりに頼み込んできたが、丁重にお断りした。


 妻の入院している部屋に入ると、聖母のような顔で赤ん坊を見つめていた。


「おぅ……ご苦労」


 そう言いながら。理佳の横に座ると。


「ん……」


 コツン、と俺の首に顔をもたれてくる。


 うん……どんなにスムーズな出産だとしても。出産は出産だ。こいつは頑張った。


「でかした」


「……ん」


 赤ん坊も元気で生まれてきて、もうなにも言うことはない。どっちかと言うと、俺似だろうか。でも、理佳の面影もあるから、きっと格好よく育ってくれるだろう。


「ねえ、修ちゃん」


「うん?」


「私、さっき名前考えてたんだ」


「……そう言えば、まだ決まってなかったな」


 あの名前論争がまた繰り広げられると思うと、今から頭が痛い。


「でね、さっきふと思いついたんだけど――」


「雑草はダメだぞ」


「そんなわけないじゃーん!」


「……前に、お前から提案されたんだよ!」


「まあ、草系ではあるけどね」


 ポケモンか!


「まあ、言うのはタダだから。言ってみろよ」


よもぎ……ってどうかな?」


「……うん、よもぎか。いいかもしれないな。まあ、キラキラネームじゃないかもしれないけど」


「キラキラネームだよ」


「……うん。そうだな」


 俺たちだけのキラキラネーム。


「凜ちゃんはどう?」


「わーい! わーい! ヨモギっ! ヨモギッ!」


 凜ちゃんの嬉しがる声と共に。


 我が息子の名前が決定した。


 よもぎ君、ようこそ、橋場家へ。


           ・・・











 ゴ、ゴミ箱によもぎモチの空パックが……



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます