バレンタインデー(2)


【妻のターン】


 2月14日。バレンタインデーの朝は一通り夫をからかいつつ、会社へと送り出した。修ちゃんは凄く楽しそうにしていて、『ああ、頑張ってよかったな』って思った。


「いや、完全にキレてるでしょそれ」


 冷静にツッコむ親友の真奈は、今、一緒に手作りチョコを製作中。


「な、なにをキレることがあるの?」


「……私はその疑問が出てくること自体、修君が可哀そうだと思う」


「またまたー!」


「……」


 真奈はそれ以上はなにも言わずに黙々とチョコレートを作り始める。


「んしょ、んっしょ……」


 凛も、パン生地を一生懸命こねている。大好きなパパに手作りチョコレートをあげたいというファザコン娘である。


                ・・・


「できた!」


 2時間を費やした力作。結婚前は、料理や菓子作りが無縁だったのだが、最近は割と成長してきている。


「おお! あんたにしてはまともな形のチョコだわね」


 真奈も手放しで褒めてくれて嬉しい。


「ふっふっふっ。パテシィエになっちゃおっかな」


「ちなみにコンセプトは?」


「よくぞ聞いてくれました。トゥルルルッ♪ 『夫婦に刺激をー! ロシアンルーレットチョコレートー』」


「……ドラえもん巻き込んで異常な発明してんじゃないわよ。あんたたち夫婦にこれ以上の刺激は要らないでしょうに」


「そんなことないよ! 最近はマンネリ気味だから、こういうイベントで盛り上げないと!」


「……あんたにとってのマンネリとはなんなのか、全力で問いただしたい気分だけど。で、そのロシアンチョコレートには、一つあたりが入っている訳ね」


「うん」


「なに入れたの? タバスコ? ワサビ? 辛子?」


「チョコだよ!」


「……ん? ちょっと意味わかんなかった」


「えっ? なんで」


「だって、ロシアンルーレットというからには、あたりがあるんでしょ? それは、なに?」


「だから、チョコだよ!」


「それじゃあ外れと一緒じゃん」


「外れはワサビだよ!」


                ・・・


「ええええええええええっ! あんたその大量の外れがワサビなの!?」


「あっ、ごめん。辛子もタバスコもある」


「種類の問題じゃない! 普通あたりが罰ゲーム系でしょ!?」


「えっ……だってそれじゃあ当たりじゃないじゃん。外れじゃん」


「……そーね、脳みそ腐ってるんだったわねあんた」


 親友の容赦のない言葉が飛ぶ。


「うーむ……でも、私の実家では、これが当たり前だったんだけどな」


「……あんたの家もおばさんも、一般家庭のスタンダードではないから、それだけは覚えておくように」


 そんなやり取りをしていると、


「できたー!」


 と凜ちゃんから声があがる。


「おおっ! チョココロネ……ってこの白いものなにかな?」


 ……いや、白いモノだけじゃなく、それぞれのチョココロネにバラエティ豊富な色が……


「エヘヘ……いろいろ入れたー♡」


「い、いろいろ?」


「うん!」


「「……」」


               ・・・








 チョコは、全て、夫が美味しくいただきました(妻 談)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます