バレンタインデー

【夫のターン】


 2月14日の朝。階段を降りて、食卓へ座ると机の上には異様な光景が広がっていた。コップには、黒々とした飲み物。味噌汁が入るはずのお椀にも黒々とした液体が。そして、お椀に入ってるのは、黒々としたご飯。


「さっ、召し上がれ」


「……」


 めちゃめちゃ嬉しそう。俺の唖然とした表情を嬉しそうに見つめる妻。


「……飲み物は?」


「ココア!」


「この……お椀に入っているものは?」


「ビーフカレーとチョコ! 全体を黒でコーディネイトしてみました」


「……」


「バレンタインデーだけにね!」


 どや顔妻。


「……」


「修ちゃん?」


「……」


「ねえ」


 ツンツン。


「……」


「ねえねえ」


 ツンツン。


 ――あああああああああああああああ!


「ふざけんなバカ野郎! 朝っぱらから! お前はまともにチョコを渡そうという気にはならんのか!」


「ならない」


「――じゃねえよ! 聖バレンタインだぞ! 愛し合う者たちの祝福の日だぞ! 真面目な愛の日に、お前は少しでもなにか育もうとか思わないのか!?」


「修ちゃん……言ってて恥ずかしくない?」


「黙れ! で! どうやって食べるんだこれは!?」


「チョコにカレーかけて食べてみて!」


「合うか!」


「合います!」


「仮に合ったとしても見た目最悪じゃねぇか!?」


「そっか……修ちゃんは見た目で判断するもんね。私と結婚したのも、私の見た目が可愛すぎるから……」


「自分で可愛すぎるとか言うな! お前なんて悪魔じゃねぇか! 更に言うなればお前に見た目以外に俺はどう評価すればいいんだ!」


 はぁ……はぁ……


「と、とにかく食べてみてよ」


「絶対だな! 絶対に美味しいんだな」


 食べ物を粗末にしてはバチが当たるので、仕方なく食べ始める。


 モグモグ。


                  ・・・


「ウマー―――――――――――! 凄いウマいんだけど欲しいのはこういうのじゃないんだよ!」


 というかなんでウマいんだよ!


「フフ……結局、見た目じゃなくて中身だってことね!」


「このバカ妻……って遅刻するじゃねぇか!」


「行ってらっしゃい! はい、カバン」


「……続きは帰った後でな」


 というか、チョコください。

              ・・・


 ギリギリの時間で会社に滑り込む。バカ妻との語らいですっかり遅くなってしまった。


 ガチャ。


 カバンの中にはこれでもかというぐらいチョコで埋め尽くされていた。


 あーのーやーろー!


 昼食時。


「ははは……いいな、お前の奥さんはお茶目で」


 中里先輩はそう笑ってくれるが、全然納得できない。


 そして、弁当箱を取り出すと、上にメッセージカードが。


『ハッピーバレンタインデー。いつもありがと♡』


 あいつ……


 パカッ。


               ・・・









 ――全部チロルチョコじゃねーか!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます