サンタ

【夫のターン】


降りしきる雪。今年もサンタの季節がやって来た。


「ふんふふんふんーん🎵」


娘もテンションがあがっている。大きな大きな新聞紙の靴下を鼻唄混じりに作成中。


「さぁ、凛ちゃんに今年はサンタが来るかな?」


いたずら心でそんなことを言ってみる。


「くるよー、凛、いい子だもん」


か、可愛い。


みなさーん!うちの娘は世界一可愛いですよー!


「ねぇ、修ちゃん!私のところにもサンタ来るかな?」


「お前のところには来ない」


キッパリと妻に言う。


なぜならいい子じゃないから。


というか、悪魔だから。


「パパー、セミ捕まえるやつある?」


「セ、セミ?ああ虫取り網のことね。あるけど、なにすんの?」


「サンタ捕まえるの!」


!?


「ら、凛ちゃん……今、なんて?」


「サンタさんとお話ししたいから、捕まえるー」


天使のような微笑みで恐ろしいことを言う娘。


「あの……ほらっ、サンタさん忙しいから、それはやめた方がいいんじゃないかな?」


なんとか、説得を試みる。


「大丈夫だよ!ちょっと会うだけだもん。これ書いたから、渡すのー」


そこには、『サンタさんへ』と書かれた手紙が。


可愛い……可愛いんだけど、発想がヤバイ。


「ほら、でも虫取り網はサンタさんも嫌じゃないかな……凛だって虫取り網で捕獲されたら嫌じゃない?」


「やじゃないよー。楽しかったもん」


「……っ」


面白がって、買ったばかりの虫取り網で娘の頭に被せたのがいけなかった……夏の俺をひっぱたいて小一時間説教してやりたい。


「ちょっと里佳、こっち来て」


そう言って、リビングの端に呼び出す。


「……あの娘ヤバイぞ」


サンタ捕獲計画を着々と進行している。


「懐かしいなー、私も毎年サンタ捕まえようとしてたっけ」


遠い目をして、そんなことをつぶやく。


俺はお前のお義父さんを世界一尊敬するよ。


「しかし、どうしたもんかな……」


「まぁ、そんなに心配しなくてもいいんじゃない?所詮は子どもだし、凛は21時には絶対に寝ちゃうし。眠気には勝てないよ。私も高校生までそうだったもん」


「……ちょっと待て」


余談にパンチがありすぎて、話がなかなか入って来ない。


お前、高校生までサンタ捕まえようとしてたのか?


お前、高校生まで21時就寝だったのか?


「深夜0時とかに来れば、もう凛なんてスヤスヤだよ」


自信満々に答える妻の根拠は、自らの経験則から出ているようだった。


俺は今、お前のDNAが恐ろしいよ。


「ねぇ、パパー。セミ入れるカゴあるー?」


!?










凛ちゃん!サンタになにを!?



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます