娘の友達


【夫のターン】


 娘の幼馴染のである剛君が遊びに来た。この子は、妻の親友である真奈と俺の腐れ縁である岳の息子である。ちなみに奴らは、ショッピングに逃走した。後で奴らには、目いっぱい夕飯を作らせてやろうと思っている。


「凛ちゃん凜ちゃんオママゴトしよー」


 剛君が、今日も元気にハキハキと話す。


 うん、いい子だ。


「いーよー!」


 娘が天使のような笑顔を浮かべる。


「なんだか微笑ましいな」


 隣にいる妻に声をかける。


「そうだねー、案外このまま結婚しちゃったりしてねー」


「……」


「……」


「剛君、ちょっと娘に近づきすぎじゃないか?」


 父さん、中途半端な男じゃ許さんぞ。


「ちょっとーパパ邪魔しないでー」


             ・・・


「しゅ、修ちゃん。いじけないで……バナナバナナ」


「……俺はゴリラか」


 そう言いつつも、妻から差し出されたバナナを頬張る。


「はぁ……凜もいつか『パパとお風呂入りたくなーい』とか『パパの後のお風呂入りたくなーい』とか言うのかねぇ」


 ハッキリ言って想像したくない未来だ。


「まあ、娘にはそんな時期あるからねー。『触らないで!』とか『部屋に入ってこないで!』とか『同じ空間にいたくない』とか『えっ……今の面白いと思ってんの?』とか『オヤジギャグばっかり言わないでよマジうざい』とか……」


「……妙に生生しいんだが、お前……まさか……」


「……あははは、一般論よ、一般論」


 ……お義父さん。俺は、あなたを尊敬しています。こんな娘を持って、さぞやご苦労だったことでしょう。


「でも……大きくなったな」


「……修ちゃん」


「凜が生まれた時は、こーんだけ。たったこんだけの大きさだったんだよな。それが、もう片手じゃだけなくなって……」


「……」


「いつか、両手で高い高いも出来なくなって、『いつの間にこんなに大きくなったんだろう』なんて。そんな想いの繰り返しなのかな」


 今の想いを何回も何回も。毎日毎日繰り返して。そんな日々を過ごす覚悟があるかと言えば、少し自信はない。でも、すくすくと成長していくことが……幸せなはずの時間が、寂しい時間だなんて。そんなことは、結婚するまで、想像もしなかった。


「理佳……なんだろうな……俺さ……もちろん嬉しいんだけど……やっぱり少し寂しいんだ。親って言うのは、ずっと……こんな想いをしてかなきゃいけないのかねぇ」


「修ちゃん……」


「……」


「ねえ、修ちゃん」


「ん?」


「モヒカンとモモンガって……なんか似てない?」









 えっ、俺の話全然聞いてない!?



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます