キラキラネーム(男の子編)2


【夫のターン】


 午前5時半。昨日の深夜までボロボロになるまで働き、即バタンキューでベッドに入りボロ雑巾のように眠っていたところに、妻はガンガンと俺の肩を揺らす。


 この女はなにか俺に恨みがあるのだろうか……


「ねぇ、修ちゃん。どんな名前がいいと思う? ねえねえねえ」


「……明日じゃダメなのか?」


 なにも、今日じゃなくたって。そもそも、あと一時間半で会社に行かないといけないのに。なんなら、明日なら休みなのでお前の世迷言にも付き合ってやれるのだが。


「ダメ」


 ……今更だけど、結婚しなきゃよかった。夫婦生活というのは、そんな想いの繰り返しであるといっても過言ではない。この女は、それが一年間に300日ほどあるだけだ。その分、結婚して本当によかったという日が一週間に一回くらいあるから、始末に悪いのだが。


「じゃあ、真――「あっ、修ちゃんの意見は通らないから」


              ・・・


「コノヤロー――――――――!」


痛痛痛痛痛痛痛痛痛いだだだだだだだだっ! グ、グーリグリの刑は胎児に影響が―――!」


「出ない程度に、いじめてやる。この野郎この野郎」


「ぐわああああああっ」


 はぁ……はぁ……


「懲りたかこの野郎」


「う、うん。あんまり暴れるとよくないしね」


 まだ、ヤリ足りないが、その意見にはひどく同意だ。


「『雑草』という名前以外に、他に候補があるのか」


「うーん……猪木」


「プロレスラーにでもする気か!?」


「燃える闘魂だよ!」


「個性と想いが強すぎる! 次!」


「ちなみに闘魂は?」


「なんでそんなにアントニオ猪木崇拝してるんだバカ!」


「雑草魂だよ!」


「もはや言っていることがわからん!」


「じゃあ、三男みつおは?」


「長男なのに!?」


 敢えて、次男を飛ばす意味すらも分からん!


「だって……人間だもの」


「ひらがなのやつか!? 荷が重すぎないかな!?」


 なんか人間的ないろいろを背負わせ過ぎてはいないかな?


「人って 互い互いを支えあって いるんだなぁ」


「みつお風に意味わからんこと言うな! 次!」


「大将は?」


「さっきから変わった名前だけど……どういう意味を込めてだ?」


「おにぎりを好きになって欲しい!」


「絶対に裸の大将だろ!? アホか次!」


「寅――「さんな! 古風なんだよさっきから! お前がこの子に込めたい想いがさっきからよくわかんないんだよ!」」


「男らしい子に育って欲しい!」


「お前の『男らしい像』はアントニオ猪木か!? みつおか!? 寅さんか!? 裸の大将か!?」


「うん」


「じゃねぇんだよ変えろバカ!」


 はぁ……はぁ……


「全然決まらないね」


「お前が決める気がないからな」


「エへ♡」


「とりあえず寝かせろバカ!」






 名前論争は続く。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます