キラキラネーム(男の子編)


【妻のターン】


「ねえ、修ちゃん修ちゃん!」


「……なんだ」


「テンション低いなー。そんなことじゃお腹の子が悲しむゾ」


「その理由を教えてやろうか? 平日の午前5時にお前がお腹の上に乗っているからだ」


 ああ。この不機嫌そうな顔も可愛い。


「私、考えたんだけど」


「……どうせろくでもない考えなのだろうが、いいよ。言ってみろ?」


「ヘヘ……ババ―ン」


「おい……紙が今にも俺の眼球に密着しようとしてなにも見えない」


「もう! ワガママだなー」


「……」


 夫のテンションが低い。なんならもう眠ってしまいそうだ。


 それは哀しいので、スーッと和紙を少し離す。


「……雑草。なんだそれは?」


「生まれてくる男の子の名前」


「おやすみ」


 ちょー――――――!


「修ちゃん修ちゃん修ちゃん!」


「あ―――――! なんなんだ、寝かせてくれよ! 眠いんだ!」


「子どもの名前と修ちゃんの眠気、どっちが大事なのよ!」


「この状況においては、間違いなく眠気を取る」


「人でなし!」


「うるせーバカ!」


 妊婦なのに。


「……私、妊婦なのに」


「だからって、なんでもワガママ言っていいわけじゃないことを自覚しろ」


「お腹の赤ちゃんが……遊びたーい。パパ、遊びたーいって」


「……お姉ちゃんに遊んでもらいなさい」


 横を見ると、凛ちゃんがスヤスヤ。一向に起きる様子はない。この子は心臓に羊毛が生えている。そして、強引に起こそうとすると、生ごみを見るような目で睨まれる。


 我が母ながら、末恐ろしい娘だ。


「修ちゃん修ちゃん修ちゃん!」


「あああああ、うるせーな」


 やっと起きてくれた。


「ねえ、名前。これでいいかな?」


「いいわけないだろうおやす――「修ちゃん修ちゃん修ちゃ――「あああああうるせえなあ!」


 寝かさない。こうなれば、私も意地だ。


 今日は、仕事に行くまで、寝かせません。(キリッ)


「ダメだろ! 雑草なんて名前」


「じゃあ、なんて名前がいいの?」


「うーん……」


「ふっ……案を持たぬ者は、案を持って提案する者を批判する資格なし」


「うるせえよ! 2秒考えただけで、すぐにパッと浮かぶかバカ!」


「子どもの名前なんて365日全力で考えてしかるべきでしょバカ!」


「ああそうかお前は365日全力で考えて雑草と言う名に行き着いたわけだな、変えろ超絶バカ!」


 はぁ……はぁ……


「あったまってきたね」


「お前があまりにもワガママすぎてな」


「テヘッ♡」


「褒めてねーよ!」






 そんなこんなで、名前論争は激しくなっていった。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます