キラキラネーム(男の子編)3


【妻のターン】


 午前6時。大分議論も白熱してきた。そして、あと30分で目的を達しつつある。


 そう、暇つぶしという目的を。


 早く起きすぎて二度寝したら確実に朝ご飯を作れない。私という最後の砦が寝坊してしまっては、修ちゃんは会社に遅刻し、凜は幼稚園に遅刻してしまう。それは、イケない。


 ああ、なんという献身的な妻なんだろう、私って奴は。


「……さっきからなにを考えているんだ?」


「ん? 私っていい妻だな―って」


「……ああそうか、お前の自己評価は狂っているんだったな」


「じゃあ、次の名前行くね……空と書いてスカイは?」


「ああ、前でた奴か。こうして考えてみると、悪くないな。他には」


別空アナザースカイ


「前にも言ったけどアホか!」


別次元アナザースカイ


「漢字の問題じゃない!」


別事件アナザースカイ


「すでに意味が遠のいている!?」


「女子に人気なんだよ!」


「最後のはいじめられるぞ!」


 はぁ……はぁ……


「じゃあ、小五郎は?」


「ちょ、ちょっと古風なんじゃないか? 明智小五郎とか、名探偵が好きな人は良く考えると思うけど」


「大丈夫。コナンと書いて小五郎だから」


「当て字はなにをやってもいいということじゃないぞ!」


「えっ……ダメなの? 名探偵つながりで……」


「せめて、アニメにそうなら新一と書いてコナンだろ……お前のやつだとオッサンとコナンが合体してるぞ」


「じゃあ新一コナン


「ダメに決まってるんだろ!」


「なんでよ! 言う通りにしたじゃない!」


「自分で考えろバカ!」


 はぁ……はぁ……


「やっぱり決まんないね」


「ほぼ、わかってきたがお前が全然真面目に決める気がないからな」


 よ、読まれている。


「んー? パパ―、ママーなにやってるの?」


 その時、凜ちゃんがネムネム顔で起きてきた。


「おはよー、凜ちゃん。生まれてくる弟の名前を考えてるんだよ!」


 修ちゃんが抱っこして、高い高いしながら娘に言う。娘にデレデレ。この男は『目に入れても、痛くない』という痛い夫だ。


「で、私の名前の意味は?」


 ひ、ひいいいいいいいっ!


「「あは、あははははははは」」


 夫婦ともども苦笑い。


 一年前のことを未だ根に持つ記憶力抜群幼稚園児。


 そんな私たちを、娘は、生ごみを見るかのように見つめる。


「リ、里佳! 今日の朝ご飯はな、なんだったっけ?」


「え、ええっと……う、ウインナー! 凜の大好きなタコさんウインナーだよ!」


「ええっ! わーい! わーい! タコさんタコさーん」


 嬉しいの舞をしながら、凜はリビングへと駆けて行った。


「里佳……ナイスプレー」


「修ちゃんこそ」


 ガッチリ握手をして試合終了。


「……ねえ、修ちゃん。タコは――」


「寿司屋か!」







 名前論争は一日では終わりそうもない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます