風邪×2


【夫のターン】


 風邪を引いた。


「ゴホッゴホッ……」


 頭が痛い。喉が痛い。体がだるい。信じられないくらい、身体の節々が痛い。もしかして、ただの風邪じゃないのではないだろうか。


「修ちゃん、大丈夫?」


 ベッドで横たわっていると、里佳が部屋に入ってきた。


「ゴホッゴホッ……まあ、休みだからな。今日治せば問題ないから、そんなに気に――「ほーんと、なんで風邪ひいちゃったんだろうね?」


 !?


「……」


「修ちゃん、昨日、薄着だったから。それが原因だったんじゃない?」


 ま、間違いない。


 こいつ


 移した事実を隠蔽しようとしている。


「お前……昨日、風邪ひいてたよな?」


「治ったよ!」


「知ってるよ! そうじゃなくて、昨日お前が風邪をひいて、俺が今日風邪をひいている……これ、どう思う?」


「ラブラブ!」


「脳みそ腐ってんのか! 移したんだよ! お前が移したんだよ!」


「証拠は?」


「しょ……」


 里佳は、大威張りに胸を張った。


「修ちゃん……疑わしきは罰せず、だよ」


「き、貴様……ゴホッゴホッ……」


「大丈夫? 熱測って」


 そう言って俺に体温計を差し出す。


            ・・・


「38度……ププッ……」


「い、今お前笑った!? 笑ったよな!」


「笑ってないよー(棒読み)、あまりに高い熱でびっくりしましたわー(棒読み)。私も39度の時、すっごく大変だったもーん(棒読み)」


 か、完全に38度をバカにしている。


「熱は高さじゃねぇ!」


「はいはい、わかったよ。虚弱君」


「やかましい!」 


「なにか食べたいものある?」


「ゴホッ、ゴホッ……おじや」


「わかった! すぐに作ってくるね!」


「砂糖入りじゃないやつな」


「やっだ、そんなわけないじゃーん!」


 前に、そんな訳、あったんだよ。


 里佳は、風邪をひいたというのに、全然優しくない。


 妻曰く、『弱っている時だけ優しくするなんて、そんなの本当の優しさじゃない』


 ……いつ優しくなるんだお前は!?


          ・・・


 ベッドに横になって身動きが取れない。本を読む元気もないし、テレビなんて、見るだけで頭がガンガンする。


「できたよー、おじや」


 嬉しそうに、里佳が部屋に入ってくる。


「おっ……ありがとー」


「はい、あーん♡」


 ミ、ミロのビーナス級に可愛い。


「……あーん」


 パクッ。


「……あま―――――――――――!?」


 おじやがあまーい!


「てめえ砂糖入れやがったな!?」


「入れてないよ!」


「じゃあ、この甘さはなんだ!? 俺に説明してみろ!」


「グラニュー糖だよ!」


「砂糖だよ! それは砂糖なんだよー!」






 当然、翌日になっても、風邪はひかなかった。





 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます