風邪 2日目

【夫のターン】


 風邪が治らなかった。というか、治るわけがない。一日中あのバカにからかわれ続けたわけだから。ベッドの上で寝転びながら、なんでこんな奴と結婚してしまったのだろうとシミジミと考える。


 ガチャ。


「修ちゃん、大丈夫?」


「き、貴様……ゴホッ、ゴホッ」


 いけしゃあしゃあと。


 誰のせいだと思ってるんだ。


 こっちは仕事休んでるんだよ。


「でも、ゆっくりできていいね」


「俺の会社の同僚たちに謝れ!」


「まあまあ、おじや食べる?」


「自分で作るわど阿呆!」


 甘くないやつをな!


「なんか……怒ってる?」


「自分の胸に手を当てて考えてみろ!」


「……」


 里佳が神妙な面持ちで胸に手を当てるが、どうやら思い当るふしは無かったようだ。我妻ながら、まあまあヤバい奴だと思う。


「凜ちゃんは?」


「実家。ここは病原菌が舞ってるから」


「ば……ばい菌扱いすんじゃねえよ」


 はぁ……会いたい。


 会って、タカイタカイしてスリスリしてナデナデしたい。


 娘に会えない一日とは、こんなに辛いものなのか。


 ポン。


 妻が俺の肩を叩く。


「寂しがらないで。私がその分頑張るから」


「……お前はもうなにもするな」


 頼むから。


 死んでしまうから。


「まあ、でも昨日よりは顔色いいじゃん。せっかくだから、休みを楽しんだら? ゆっくりテレビでも見て」


「……はぁ、まあそうだな」


 会社のみんなには悪いけど、ゆっくり休んで元気になって。その分、残業は……やらないかもしれないけど。


「ねえ、なに見るなに見る?」


 お……お前は働けよ。


            ・・・


 結局、二人して並んでテレビを見る。


 なんなんだ、お前は。


 そんな中、里佳の頭がコテッと俺の肩に乗る。


「エヘヘ……久しぶりだね」


 ……シャ……シャンシャン級に可愛い。


 そう言えば最近遅くまで仕事ばっかだった。帰ってきても会話もせずに、すぐに寝ちゃってたし。休日はどうしたって娘中心になっちゃうし……


 もしかしたら、随分妻に寂しい思いを――


          ♪♪♪


「あっ、ちょっとゴメン……あっ、真奈? うん、大丈夫だよ……えっ? ああ、夫の看病中。献身的な妻でしょ?」


 ……お前がいつなんじなんぷん献身的な妻だったというのだろうか。


「えっ……食べ放題? いやいや、何言ってんの? 私は夫の看病という使命が……えっ、焼肉おごり……修ちゃん、ちょっと待っててね!」


 そう言って、妻がいそいそと部屋を出て行く。







 戻ってきたのは、4時間後だった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます