10年前の私へ

【妻のターン】


 午前2時。


 夫の手紙を熟読……修ちゃん、私のことをこんなに……


「……きーさーまー!」


「うわっ、びっくりした!」


「なに見てんだよ! 約束しただろう!?」


「……ええ。私、確かに『見ない』って言いました。でも、約束はしてません」


「ああ、そうか……お前には言葉通じないんだったな。じゃあ、お前のも見せろよ」


「ええっ!?」


「……お前のその反応に、俺は今すごく驚いているよ」


                  *


『10年前の私へ』


 ヤッホー、初めまして。10年後の私です。元気してますか?


 あなたは5回目の合コンでメチャメチャダサい人に出会います。超絶ダサくて、心の中で『ダッサー! ダッサ――――――――――――――!」と絶叫します。


 その人、未来の、夫です。


 あなたは『なんてマズそうにビールを飲むんだろう』と興味津々。実はその人、カシスオレンジしか飲めないんです。


 だから、もっとビール飲ませたげて。もっともっと。


 帰り道に、あなたはメアドを聞かれます。あなたは初めて異性に教えます。


 その判断、マルです。


 そしたら、イチゴ狩りデートの帰りに告られます。突然、バス停の中心で告られます。メチャメチャデカイ声で。あなたは混乱して咄嗟にワーキングホリデーでオーストラリアに行くって嘘ついちゃいます。


 本当は、嬉しかったのに。


 きっと、この初めての気持ちがなんなのか整理できなかったんだよね。しょうがないしょうがない。


 その時には、もう修ちゃんに惹かれてたのかなー。


 でも、そんな私の嘘を、あの人はバカだから間に受けて、貯めます。バイトで100万。


 で、私に2度目のアタック。もう、その時には、凄く好きだったと思うんだけど、やっぱりこの気持ちがわからなくて、濁します。


 結局、彼はワーキングホリデーに単身オーストラリアへ。


 ……そしてなぜか、ブラジルにいるフリします。


 意味がわからないでしょう? 私も、意味、わかりません。


 今まで、本気で好きになったことなくて、恋なんてしたことなくて。漠然と『超イケメンと結婚したいなー』なんて考えてたけど。未来の夫は、普通。これ以上ないくらい普通です。


 でも、全然いい。私は普通の修ちゃんがいい。そんな風に思えるくらいには、私は今、幸せです。


 だから、待ってて。恋なんて一生縁がないと思ってたあなたに、とびきりの出会いが待ってるから。


PS 

 その後、あなたは何度も怒られます。


 バナナをあげてください。


 とにかく、怒ったらエサを与えてください。


                    *


「えへへ……どう? 修ちゃ……泣いてる!?」


「……うるさい」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます