キラキラネーム

【夫のターン】


「ねえ。凛ってなんで凛って名前なの?」


 娘が幼稚園から帰ってきたら、そんなことを言いだした。


「……色々あったんだ。色々ね」


「ええほんとーに色々あったのよ」


 妻がドーナツを机に置きながらしみじみと答える。


「……色々起こした元凶は、お前だったけどな」


 思わずそのドーナツを見つめて当時の大変さを振り返る。


              *


 4年前……


「ジュリエットったらジュリエット!」


「認めん! 絶対に、認めん」


「なんでよ!?」


「……いい加減にしろよ。本気でわからないのか?」


 外国人の名前だからだよ!


「修ちゃんは知らないかもだけど、今、キラキラネームが流行ってるんだから!」


「知ってるよ! いいよ、キラキラネームにしろよ! 頼むからキラキラネームにしといてくれ」


「だから、ジュリエ――「阿呆か! それ、キラキラネーム違うわ」


 その名前を語るには一言でいい。イタい名前だ。


「ええっ、絶対にオススメなのにー」


「だいたい! 漢字はどうするんだよ! カタカナとかか?」


「受里英斗」


「お、お前……漢字4文字の名前見たことあんのかよ」


 どっかの暴走族みたいな名前だぞ。


「ないからいいんじゃん! オリジナリティー感じない?」


「な、名前に奇抜さ求めてどうするんだよ! 他にあるだろう?」


「エリザベス!」


「カタカナ禁止!」


「……蘭蘭らんらん


「パンダか!」


「じゃ、謝謝しゃんしゃん


「なんでさっきから中国人っぽいんだよ!」


「時代は中国でしょ!」


「俺たちは日本人だろ!」


「……恩恵ウネ


「韓国人っぽいんだよ! だ・か・ら! なんでさっきから外国人ぽいんだ!? ハーフに間違えられたりしたら色々面倒だろうが!」


「国際色豊かな子に育って欲しいの!」


「英会話やらせとけバカ!」


 はぁ……はぁ……


「じゃあ……国際色つけるのは、あきらめました」


「別につけてもいいが、普通の名前にしてくれ」


「逆転の発想……大和撫子みたいになって欲しいという意味で考えました」


「……お前から生まれる子が大和撫子になるとは到底思えんが、聞こうじゃないか」


大和撫子やまとなでしこ!」


「そのまんまじゃねぇか!」


「直球勝負がいいと思うんデス!」


「必死に直球勝負してる高校球児に謝れ! 直球勝負はそう言う意味じゃねぇんだよ!」


「じゃ、和子かずこ!」


「ウチのオフクロの名前!」


大子おおこ!」


「せめて撫子なでしこだろ!」


「それは嫌!」


「なんでだよ!」


「字数が多い!」


「大和撫子のが多いんだよ!」


 はぁ……はぁ……


「修ちゃんって……案外ワガママだよね」


「……お前にだけは言われたくない」


「私も今回の件だけは……譲るつもりありませんから!」


 ああそうだったなお前は阿呆だったな。


「いつも譲ってるみたいな言い方すんな! お前がいつ俺になにか譲ったことがあったか!」


「……今回の件、譲るつもりありませんから!」


「言い直すな!」


「じゃあ、今からは漢字を書いていくから」


「口に出して言えよ」


「キラキラネームだから! 読みと漢字が一致しません」


「絶対だな! 絶対にキラキラネームなんだな」


 その前にキラキラネームの定義をこの女に小一時間説教した。


             ・・・


『仏』


「アホか!」


 俺の小一時間を返せ!


「仏って言ってもフランスの方よ!」


「なんだじゃあ――ってなるか!? 意味わからん!」


『英』


「……せめて英子なら」


「そんなんイギリス子になっちゃうじゃん!」


「き、貴様そんな風に読ませる気か……次!」


『米』


「いい加減に国シリーズやめんか!」


「国際色豊かな子に育って欲しいの!」


「普通に留学させとけバカ!」


 はぁ……はぁ……


『空』


「空と書いてスカイは?」


 は、初めてまともなキラキラネームがきたな。


「うーん、悪くはないとは思うけど女の子だからなぁ」


「じゃ、別空アナザースカイ!」


「アホか!」


異世界アナザースカイ!」


「漢字の問題じゃない!」


別次元アナザースカイ!」


「漢字の問題じゃないというとるだろうが!」


「女子に人気なのに」


「テレビ番組としてはな!」


『照家』


「……」


「テラス――「ああああ! 言わせねぇよ!」


 もはや謎々みたいになってんじゃねぇか!


「なんでよ! 女子に人気なのに!」


「だからなんだ!」


「娘も女子よ! きっと気に入ってくれるはず!」


「この名前を気にいるような子には育てない! 絶対に!」


 はぁ……はぁ……


「いつもより手強いね、修ちゃん」


「99%お前のおふざけだと思っているが、1%冗談じゃない危険がお前には、ある。そこんとこしっかりと自覚しろ」


「……エヘヘ」


「褒めてねーよ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます