作りました


【夫のターン】


「ねえ、時代はうんこドリル。絶対に、うんこドリルだって」


 妻がグイグイ迫ってくる。


「……そんな時代は、ない」


「子どもの学力向上のために、なにとぞ購入の検討を!」


「駄目ったら駄目だ」


「……」


 悲劇は、こんな何気ない会話のやり取りから始まった。


               *


 日曜日。妻は、友達の家に行って不在。そして、いつもは積み木をしている娘が珍しくリビングの食卓で机に向かっている。


「凜ちゃーん、なにしてるのかなー」


 最初はお絵かきだと思った。


「うんこドリル―」


「なっ……買ってもらったの?」


 娘に優しく尋ねながら、勝手に買った妻への怒りを抑える。


「ううん。作ってもらったー」


「作って……ちょっと見せて!」


 そう言って、娘のノートを手に取ってみる。


 そこには、妻の字で作られたドリルがあった。


               *


『夫がうんこドリルをってくれない……うんこである』


 ……あ、あの女。


『そこでうんこをしているのは誰ですが? ○○〇はしばしゅうです』


 もう完全に俺のことじゃねぇか!


『夫の給料は、うんこである。これを、〇○はっきゅうという』


 お前……いい加減にしろよ。


『夫から○○○たんじょうびプレゼントをもらった。うんこだった』


 お前……それは去年のことを言っているのか……


『うーん……うんこと夫。どちらかを選べと言われたら、それは難しい○○もんだいだ』


 そこは俺を選べ! 迷わずに選べ!


『私とうんこ、どちらを選ぶか夫がまよっています』


 迷わねぇよ! 迷わずお前を選んで、お前をぶん殴ってるよ!


○○けっきょく、うんこを選びました』


 ど変態じゃねぇか!? 


『トイレ○○そうじをする夫は格好いい。でも、その夫は気づいていない。夫自身がうんこであることを』


 ホラー!? ホラーなのか!?


『夫がうんこ座りをしている○○ふりょうを怖がっています……夫自身がうんこであるのに』


 だからその奇妙な物語を繰り広げるな!


『夫がうんこを漏らしました……ああ、もう60さいか……』


 あ、哀愁が漂いすぎだろ。幼稚園児になにやらせてんだあいつは。


『夫は知らない……かげでうんこマンと呼ばれてること』


 ……嘘だよな。ただの例文だよな!?


『夫がうんこマンです。私の夫は橋場修です。さて、うんこマンは誰でしょう?』


 なぞなぞー!? なぞなぞ形式でIQ向上狙ってんじゃねぇよ!


『うんこが5個ありました。真ん中には夫が寝てます。さて、夫とうんこは合計いくつでしょう?』


 俺とうんこを同列で語るな!


 そしてどんな儀式だ!


『実験です。夫にうんこをのせてあぶるとどうなるでしょうか?』


 だからどんな儀式だ!


『答え 紙の上には答えはない。今度やってみて』


 恐ろしいこと教えんなよ! 悪魔まっしぐらじゃねぇか!


『うんこ - 夫= 』


 ……いい度胸だこの野郎。答え次第ではグーリグリの刑だ。


『答え 0』


 決定。グーリグリの刑、決定。


 ……ってなんであってるんだよ凛ちゃん! 天才か!?


『夫は毎日仕事を頑張っています。雨の日も風の日も嵐の日も雪の日も。でも、全然仕事ができないのでよく○○しっぱいします。そして、よく、「クソ」と叫びます……うんこだけに』


 だから! なんで俺=うんこになってんだ! 『うんこだけに』……じゃねぇよ。全然うまくねぇんだよ!

 

『そんなうんこマンを、私はあいしてしまっている』


 里佳……なんだかんだ俺のことを――ってなるか!


              *


「ただいまー、あっ修ちゃん。どう、それ作ったんだー」


 な、なんでそんな可愛い顔で笑える。なんでそんなかわいい顔で笑えるんだよ!


「買ってやる……うんこドリル買ってやるから」


「別にいいよー。作ったもん」


「……買わせてください! 好きなバッグ買ってやるからっ!」


「エヘヘ、しょうがないなぁ。ありがと、うんこマン」


「やかましい!」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます