一家団欒?


【妻のターン】


 4月2日朝5時。別名夫にDV(通称ドメスティックバイオレンス)を受けた翌日の朝。


「んーー」


 大きく伸びをしてエネルギー充電。やっぱり、広いベッドは快眠しやすい。


 階段を降りてリビングに入ると夫発見。どうやら起きているらしいが、ワナワナと小刻みに震えている。


「あっ、おはよー。早いね、よく寝れた?」


「……俺は今、昨日のことを全くと言っていいほどひきずっていない、きれいサッパリとした陽気な挨拶に、耳を疑ったよ」


「なんで?」


「……」


 無視。どうやら、まだ、怒っている。怒っているらしいことを察せよと、修ちゃんは全力で表現していた。


 しかし、そうはいかない。そんな手にはのらない。いつまでも怒ってられたら、家庭円満に傷がつきかねない。


 夫は仕事へ行き、妻は家庭を守る。現在専業主婦である貞淑な妻として、文字通り家庭を守るために昨日までのことを棚上げにする。


 全力で、棚上げにします。


「朝ごはん60分後ぐらいにできるからねー。凛ちゃん起きるまでには機嫌直してよー」


 曰く、夫婦喧嘩を子どもに見せないでよ。


 娘の教育をちらつかせ、怒りの矛を収めていただく。卑怯だとなんだと言われようと、家庭を守るためにはどんな手段でも講じるという妻の覚悟である。


 ああ、なんて、いい妻なんだ私ってやつは。


「……うがああああああっ」


「……」


 今日も、ソファにバタバタして怒りを発散する修ちゃんの姿は可愛い。


 いつも通りの一日。まったくもって。


 朝ごはんが出来た。


 夫が食卓の椅子に着席。極力不機嫌顔して、怒ったんだぞキャンペーン絶賛実施中。やがて、娘の凛が起きてきて、ネムネム顔で椅子に座る。


「揃ったね……いただきまーす」


「いただきます」


「……仕方なく、いただきます」


 娘が来たので機嫌は直して頂いたが、『仕方なく』というささやかな抵抗を示す夫は、可愛いと思う。


「ママー、お弁当なに?」「キャラ弁じゃないことは確かね」「なんで!キャラ弁キャラ弁」「あれ難しいのよ、時間かかるし」「キャラ弁キャラ弁」「だめー、のり弁のり弁」「キャラ弁キャラ弁」「のり弁のり弁」


 ち、父親なしで一家の団欒が成立してしまっている事実。はっきり言って、修ちゃん、放置プレー。機嫌を直してもらう意味は、まったくなかった。


「キャラ弁がいいキャラ弁がいいい!」


「な、なんてわがままな子。親の顔が見たい」


 ジーッ。


「……なぜ、俺を見んだよ。お前もだお前も」


「私は甘やかしてません」


「お、俺だって別に甘やかしてないぞ」


「じゃあ誰のせいよ」


「うっ……凛ちゃん、わがまま言っちゃ、めっ、でしょ」


「やだぁ、やだやだやだ! キャラ弁キャラ弁!」


「……里佳、今日はさ」


 なんて、甘い男なんだろうか。


「……はぁ、仕方ないなぁ」


 ここで夫の頼みを断るほど、鬼ではない。世の中にはアメと鞭が必要なのだ。別に夫になにかしてやるわけではないが、『キャラ弁を作ること』=アメではないのだが、頼みごとを聞いてあげるので、これをアメと認定させていただく。


 次は、鞭ですね!


               ・・・


「出来た!」


「……やったぁ。キャラ弁キャラべ……ママー、これ何ー?」


「ふっふっふっ、新キャラ『ノリスケ』」


 顔全体が海苔のおにぎり。ウインナーの口。いんげんの眉毛。人参のハナ。


 特許、とっちゃおっかな。


「……オカズぶっ刺しただけじゃねぇか。凛ちゃん、いじめられるぞ」


「大丈夫。私の娘だもん、うまくやるわよ」


「お前と違って、凛ちゃんはデリケートなんだよ。そういうとこは俺似なんだ」


「修ちゃん似でも大丈夫だよ」


「……えっ」


 ちょっと嬉しそうな夫。


「だって、どれだけイジられてもアッケラカンとしてるじゃない」


「き、貴様……」


「……ノリスケ……ふふふ……ノーリスケ」


 そんな修ちゃんの心配をよそに娘の凛は、ノリスケにウットリ。




 どうやら、凛は、私似であった。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます