にゃんにゃん

【妻のターン】


 4月2日。夕方。


「ねえ、修ちゃん。もういい加減機嫌直してよ」


 そう言いながら夫の大好きなバナナを差し出す。


「……」


 完全に無視……なんて器の小さい男なんだ。だいたい、殴られたのは私だ。被害者は私なのに。被害者は私なのに。


「もーおー、お茶目な妻のいたずらじゃん。私だって育児で疲れてんのに、あんまりにも修ちゃんが構ってくれないから。寂しさの裏返しだよ―」


 極力可愛気に言う。殴られたのは私だが、修ちゃんの目には涙が貯まっていた。 その時、思った――やっべぇ、やりすぎた。


「……」


 修ちゃんはスッと机に紙を置いた。


「これ……なに?」


「書け! 離婚届けだ」


 ええええええええええええええええっ!


「ちょ、ちょっと待ってよ! だから、冗談だってぇ」


「冗談になるかよクソ女! だいたい、貴様の冗談には愛想が尽きたわ! 今までどれだけ俺が我慢してきたと思ってるんだ!」


 ……まあ、夫の言いたいことはわかる。修ちゃんは真面目だ。すぐに嘘に引っかかる。そんな誠実なところが私は実に大好きだ。そして、そんな大好きなところが見たくて、すぐにまた嘘をついてしまう。この嘘ついたら、どうなっちゃうんだろうって思ってゾクゾクする。


「しゅーちゃーぁん! じょーだーんじゃーん」


 猫なで声を出し、甘える――うわっ、殺すような目つきで睨まれた!

 おいおい、妻を見る目じゃないでしょ。


「……ふぅー、とにかく書いておけよ」


 そう言って、机を立ってリビングのソファーに座った

 ――仕方がない……猫だ。猫になるしかない!


 私は、世界で最強の生き物は猫だと思っている。なぜなら、持っている武器が最強だからだ。


 すかさず、夫の横に潜り込んで身体を摺り寄せる。


「な、なんだよ……お前、あっち行けよ」


 そうやって離れられる前に……必殺、痛くない猫パンチ。


「にゃんにゃん♪」


「……んだよ、ふざけんなよっ」


 そう言いつつも、まんざらでもない夫。


「にゃんにゃん♪」


「っばか! 俺は真面目に怒ってんのに」


 と言いながらも、だんだん声の怒りトーンが下がっていく。


「にゃんにゃん♪」


「……はぁ、女ってずるいよなぁ」


 よしっ、攻略成功。なんて、簡単な男なんだ。私、逆に浮気が心配になる。


「にゃんにゃん♪」


「もう、いいって」


「にゃんにゃん♪」


「だからぁ! やるわけないだろ、いい大人だぞ俺は」


「にゃんにゃん♪」


 やるまで、やる。走り出したら止まらない。そして、やってもらわないとこの先ずっと舐められる。足元見られる。それだけは許せない。


 修ちゃんはずっと、私のおもちゃでなければならない。


「にゃんにゃん♪」


「……ほらっ、にゃん。これでいいだろ?」


 よしっ、やった。やりやがった。でも、まだだ。


「にゃんにゃん♪」


「もー、やっただろしつこいなぁ」


「にゃんにゃん♪」


「わかった、わかったよ、にゃんにゃん、これでいいだろう?」


「にゃんにゃん♪」


「……にゃんにゃん」


「にゃんにゃん♪」


「にゃんにゃん↑」


「にゃんにゃん♪」


「にゃんにゃん♪」


「にゃんにゃん♪」


「にゃにゃにゃにゃにゃーにゃんにゃん♪」


 ああ……なんて可愛い夫だろうか。先ほど離婚届を突き付けていた夫とは思えない。今は、調子に乗って『にゃにゃにゃにゃ』とか言ってるし。


 ……見せたい、この修ちゃんの可愛さ見せてやりたい。


「にゃんにゃん♪」


「にゃんにゃん♪」


「にゃんにゃん♪」


             ・・・


「にゃんにゃん♪」


「にゃんにゃん♪」


「にゃんにゃ……ってお前何やってんの?」


「エへへ……可愛いから拡散しちゃった。見てみてー♪」


             *


 ワロす! おっさんのニャンニャン動画。


             *










 またしても、夫が私を殴った。















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます