初めて妻を殴った

はな

嘘のような話

【夫のターン】


「私……レズビアンなの」


 その告白は突然だった。いつものように夕食を食べ、いつものように子どもを寝かしつけたその後だった。


「……ええっ?」


 何も思いつかず、大きく息を吐いたような声が漏れた。なんだ、この女は何を言ってるんだ。


「だから……ごめん、私レズビアンだったの」


 幻聴じゃない。どうやら、幻聴では無かったようだ。


「お前、バカな事言うなよ!」


 思わず、声が大きくなってしまう。声が震える。いつ以来だろうか……いや、初めて妻をこんなふうに怒鳴った。


「……ごめん」


 そう大きくため息をつく――ため息をつきたいのは、こっちだ。

「どうすんだよ?」


 思わず、問いかけた。


「……何が?」


 何がって、結婚して、ベイビー作って、マイホーム建てて、現在絶賛幸せに暮らしてることだよバカ野郎。


「だから……間違いじゃないのかってことだよ」


 どうやら、言いたいことってのはあまりにたくさんあると言えないらしい。


「違うの」


 ええええ、違うのー? だって、ベイビーどうすんだよ。作っちゃったじゃないかよ。気づけよ、その前に。


「だって……お前……その確かに最近はアレだったけどさ」


 そりゃあ、最近はご無沙汰だったけど一応俺も仕事でクタクタで、お前だって育児で随分疲れてたじゃないか。


「……相手……ベビーシッターさんなの」


 あの女……ぶん殴ってやる。訴えて、賠償金請求してやる。


「……で! どうすんだよ!」


 投げやりになって叫んだ。酒が欲しい……


「……何が?」


 脳みそウジ湧いてんじゃないかこの女は! その女と暮らすのか? ベイビーどうすんだ。マイホームどうすんだよ、ローン払えよこの野郎。


「うん……出てく。子供も……連れてく」


 どーすんだよー、俺にはこの家広すぎるよー! もう抱えちゃってんだよ色々と。単身赴任の相談受けてんだよ。だいたい家買おうって言ったのお前だろ!


「お前……そんな我儘通じるとでも思ってんのか?」


 子どもなんて絶対渡さんぞ。お前、今、考えてみたら俺道具じゃねぇか。子作りマシーンじゃねぇか。プロポーズした時のあの言葉「子ども絶対作ろうね」ってお前っ……お前っ……


「……愛してるの」


 それは、言っちゃダメでしょ。俺は? 俺はどうすんの?


「なあ、そりゃあ俺は最近忙しかったけどさぁ。そんなおと……女と付き合って日にちなんて経って無いんだろ?」


「……7年なの」


 思いきり俺と被ってんじゃねぇか! 子作りマシーン決定じゃねぇか!


「……言っておくが子どもは渡さんぞ」


 わかった、もう貴様に未練はない。一生呪って生きてやる。当然だが、子供は渡さん。子供に罪は無いし、俺が立派に育ててやる。


「凛は……お母さんとがいいって」


 知らんよ! なんなの! 俺、悪者なの? ねえ、俺が悪いの? 俺が悪いのか!


「ゴメン……全部私が悪いの」


 そうだよテメエが悪いんだよ! 貯金残ってねぇんだよ、もうこの家庭に人生全部懸けちゃってんだよ。


 しかし……それでも…… 


「愛……してるのかよ?」


「……うん」


 どうしようもないバカ女だよ、お前は。で、そんなバカ女を愛した俺は、大バカ野郎だ。


「……親には話したのか?」


「ううん、言ってない」


「話さなきゃ駄目だろう? 大事な事なんだから」


「……いいの?」


「言い訳無いだろ! でも……しょうがないんだろう?」


「……ありがとう」


 世界一聞きたくない、ありがとうだった。


「ねえ……あと1つだけ聞いてくれる?」


「なんだよ?」


 もう、これ以上驚く話なんて、この世には存在しないのだろう。


「今日……何の日はわかる?」


「あ? そんなん4月1た……」


 お前……まさか……


「トゥットゥルー! エイプリルフー―」













 初めて妻を殴った。



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます