第18話    「あなた、誰……?」

 夕食後に部屋でくつろぐ時間になって、やっと私は肩の力を抜いた。


「散々な日だった……」


 拭いきってない滴をタオルでふき取り、ため息を吐いた。

 シャワーを浴びても、すっきりした気分にならないのは、たぶん昼間の件のせいかな。


「全然息抜きじゃないよ……」


 本来ジョシュアさんはゆっくり休めって意味で今日、使用人の仕事をさせようとしなかったんだろうけど。

 なんだか、逆に疲れちゃった。


 原因は間違いなく、彼のせい。


「……『またね』って、言ってたってことは……また会う気なの?」


 勘弁かんべんしてほしいよ。だって、あのアルって人と話すと、ドッと疲れて。

 綺麗すぎて緊張してっていうのもあるけど……それより、なんていうか。


「怖い、んだよね」


 そう、怖いの。

 会話しないなら、いいんだけど。ううん、会話しなくても、ちょっと怖いけど。


 話したらその分、何だか彼独特の雰囲気にのみ込まれそうで。

 それとも慣れたら、そんなこともなくなるのかな?


 ……って、慣れるまで会う気は私、ないよ!?


「でも、なんかたぶん、会っちゃうような気がする……」


 嫌だな……なんて、思っちゃうのは失礼だけど、どうしても、ね。


 なんか、異世界に来てあんまり好感触の人と会ってない?

 良い人って思ったのは……ジョシュアさん、アンジェさん、アンナさんに……あと、ドミニクさん?


 よくわからないのは、セオドールさんだよね。フードをしてて顔が見えない分、どうしても不審者って感じはするけど、助けてくれたうえに道案内までしてくれたから。


 レイモンドさんは……アルとは違って怖い人というか……いつも怒ってる人? でも、怒ってる理由は道理が通ってるし……。

 もっと話してみたら、違うのかな? ジョシュアさんとアンジェさんの息子さんだから、悪い人じゃない、よね?


 ハーヴェイさんは……思い出したくない。人違いしたことは申し訳なかったなって思うけど、先輩そっくりなのに違う人っていうのは悲しくなるから。

 きっと、もう会わないよね? ……会わないようにしなきゃ。


 今日で異世界3日目なのに……どうしてこんな色んな人と知り合ってるのかな? 正直、皆性格が濃いよね。

 ……それとも、ここではこれが普通なの?


「だとしたら、すっごく大変……」


 主に私の精神的に。

 すっかり乾いた髪からタオルを下して、肩にかけた。


 そのとき。

 カタン、と小さな音が聞こえた。


「? なに?」


 バルコニー辺り?

 夜でカーテンを閉めてるから、ここからだとバルコニーがどうなってるかわからない。


 雨が降ってる……とか?

 でも、昼は晴天って言葉がピッタリだったのに?


 天候が急変した、とか?


 でも、降るとしたら雨じゃなくて、みぞれとかヒョウとか、雪かな? 私が初めてこの世界に来たときも、雪が積もってたから。


「どうなのかな?」


 ちょっと気になる。

 カーテン、開けてみようかな?


 窓辺に近づいて、カーテンの端をつかんだ。シャッっとレールの音が鳴る。


「え……」


 誰か、いる?

 完全にカーテンを開けるとそこに人影があるなんて、予想外だよ。


 その人と、目が合った。


「!」


 そして、私はバルコニーにつながる窓を開けた。

 カーテンを閉める行動とは、真逆のことをしたのは衝動で。特に、考えて行動したわけじゃない。


 でも私は、彼の瞳にひきつけられて動いてしまった。


「あなたは……?」


 暗闇の中で手すりに腰掛ける彼は、黒い瞳をこっちに向けてきた。

 この世界で初めて見る黒は、この外に広がってる闇みたいに、深くて、底が見えそうになかった。


 部屋からの明かりで、彼の黒髪が鈍く光る。黒のマントは肩で金具で留められてて、その下には黒づくめの服装。

 黒いシャツに、黒いズボン、黒い編み上げブーツ、黒い柄の小型の剣……。

 肌の色以外は、全部漆黒。


 まるで、葬式のときの服装みたい……。


「あなた、誰……?」


 顔立ちは、優しいそうなのに。服装と彼の無表情と相まって、無機質に見える。

 私と同じくらいの年頃の彼は、わずかに眉を上げてみせた。


「俺の名前なんてどうでもいい」

「……でも、名前を呼ぶとき、困ります……」


 教えたくない、とかなの?

 無機質な顔を怪訝けげんそうにしかめて、彼は首を傾げた。


「呼ぶ必要はない」

「え、でも……必要はないって」


 私は、必要があるんだけど……。

 でも、強制はできないし……。


「それに、何の意味がある?」

「意味、はないです。……けど、名前を知ることで、ちょっと安心するというか……」


 この状況だって、考えみればおかしいよね。

 部屋のバルコニーに急に来た、知らない男の人と会話するなんて。それも夜中なんて。


 あれ? 私、もしかして女の子として致命的なくらい、ズレてる行動をしてるような……?


 今更『出ていってください!』って叫ぶのもおかしいよね?

 ……悲鳴の一つでも、上げておいた方がよかったのかな?


「え、ええっと……あの、その…………きゃ、キャー」

「……なんで急に鳴き声を上げている?」

「……な、なんでも、ない、です」


 すっごくあきれた目で見られてる!? どうしよう、失敗した気がする!

 もっと間抜けっぽくなってるような!?


「まぁ、いい……それで? お前は名前がわからないと困るのか?」

「……っ? ……そう、ですね。教えてもらったら、助かります」

「……そうか」


 彼はため息を一つこぼすと、面倒そうに乱暴に髪をかきあげた。


「俺はクロウ」

「……クロウ君、ですね」

「それはやめろ」

「……それ?」


 嫌そうに表情を歪ませて、クロウ君は首を振った。


「その『クロウ君』という呼び方だ」

「え……なんで、ですか? ……あ、クロウさんって、呼んだ方が……」

「違う。『君』だの『さん』だのつけるな。気味が悪い」

「……気味が悪いって……」


 ひどい。そんなに名前を呼ばれるの嫌ってこと?

 お願いして名前を教えてもらったけど、クロウ君にとっては本当に嫌だったってこと?


「クロウでいい」

「え……」

「なんだ」

「う、ううん。なんでも、ないです」


 そういう意味だったんだ。そっか。

 名前では呼んでもいいって、ことだよね?


「あ、あの、クロウ。私の名前は――」

「言わなくていい、聞くつもりもない。俺は、お前の名前に興味はない」

「そう、ですか……」


 バッサリ切り捨てられた!

 本当に興味なさそうに、クロウってば退屈そうにあくびをしてる。そんな拒絶するなんて、クロウって他人に興味がないのかな?


 たしかに出会ってばかりだから、私としてもあんまり気軽に名前を教えない方がいい、のかな?

 ……でも、クロウには名前を教えてもらったし……かといって、本人が必要ないっていうし……うーん?


 また聞かれたら、答えればいいよね?


「あの、それで……どうして、ここに来たんです、か? ……もしかして、迷子ですか?」

「いや、迷子じゃない。お前じゃあるまいし」

「え……?」


 即座に否定されたことより、切り返された言葉にドキッとした。


「それって、どういう……」

「どうもこうもない。言葉通りだ」

「……」


 聞いても深くは答えてくれなさそう。クロウは、退屈そうにしていた表情をなくして、スッとその黒目を細めた。


「……役者はそろった。後は、終焉しゅうえんを迎えるのみだ」

「……? 役者? 終焉って……」


 一体、何のこと?

 クロウは朗々ろうろうと、まるでセリフを読み上げるみたいに語り続けてくる。


「俺から話すことは何もない。お前が選び、終焉へと向かわせる。ただ、それだけだ」

「私が……?」


 私が、選ぶ? でも、選ぶって何を?

 それに終焉なんて……不吉な言葉。


「あの……どういうこと、ですか?」

「……また来る」

「え!?」


 手すりからグラッと体勢を後ろへとかたむけた彼は、私の視界からあっという間に消えた。

 そ、それよりここ、1階じゃないんだけど!?


「っ!」


 慌ててバルコニーに出て、手すりから身を乗り出して下を確認してみる。

 階下には木が生い茂ってるだけ。ちょっと離れたところに、昼間見て回った庭園が見えるけど……そこまでは届かないはず。


「……いない」


 姿なんて、全然ない。音だってしなかった。

 それとも、黒い服装だったから、この夜の風景に馴染んで消えちゃっただけ?


「……なんだったの?」


 よくわからない、謎かけのような言葉ばっかり残して。

 不思議な少年、クロウは私から姿を消した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます