彼女は小説を後ろから読む

作者 相楽山椒

39

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

一応、ジャンルが「現代ドラマ」になっていたので小説として読みました。
第一印象は「リアル過ぎて怖い」ということです。まるで近い未来の自分を見ているような、そんな気持ちになります。
オチへの運びも実に滑らかで、最後まで読むと「なるほど」と思わされます。……後ろから読まれるとアウトですけどね笑

最後になりますが、食器は自分で洗いましょう(^^)

★★★ Excellent!!!


いろんな読み方があるようで。この作品に登場するよな「後ろから読む人」もいれば「斜めに読む人」やら「とばして読む人」「評価だけ読む人」さまざまですね。

どんな書き手の愚痴が詰まっているかと思えば、いやはやこれはやられました。素晴らしい。

大人だなーと素直に感心させられる作品。書き手の方のほうが主人公に共感できるかもしれません。オススメです。

★★ Very Good!!

うちの母がまさにこの奥さんタイプです。
特に推理物なんかは後ろから読むwww
最初、意味が分からなかったけど、試してみればある意味納得する。
まぁ、読書の楽しみ方は人それぞれ。

それでも奮闘する夫は偉い。
いつかそんな物語を書いてみたいし、読んでみたいですねぇ。

★★ Very Good!!

小説の読み方から発展した夫婦喧嘩もの。

正直私には、小説を後ろから読む行為に一定の理解がある。というのも、終わりが見えているからこそ安心して物語に集中できるという利点がある。作品によっては後味の悪いものもあり、そういうのが苦手な人にとっては事前に回避できる手段と言っていいでしょう。ある種、映像作品の原作小説を読む感覚に近い。前から気になっていたけど読む機会がなかったから、お試しで映像作品を見て、気に入ったから原作小説も読もう、という具合に。そう、結局はお試しであり、それがわかりやすいのが結末であるというだけ。

そしてそういう後ろから小説を読む人は、総じてなんだかんだで作品を楽しんでしまうのである。

作中の夫はそういう読み方でも面白い作品を書けないか悩んでいたが、それは杞憂である。面白い作品はどういう読み方をしても面白いのだ。

作中でも触れている通り、人が人と関わるにはどうしても小競り合いが生じてしまう。そしてそれは自分にとって理解しがたいものを看過できないからこそ生じるのである。とりわけ夫婦であればなおさらだ。

この作品はそんな夫婦の擦れ違いを巧みに表現しています。読めば共感できるところがありますので、まだの人は是非とも読んでみてください。

Good!

 いるいる、結末を読んでから読み始める人。それが推理小説だったりするものだから理解できない。シックスセンス(映画)とかイニシエーションラブ(小説)とか、先にラスト見たらつまんないじゃん。あれは二度見するのがいいのであって、初見は素直に驚くべき。
 そんな妻に対抗すべく奮闘する夫。最後の二行がたまらなくいい。