サイボーグメロスの伝説

作者 ベネ・水代

43

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

太宰治の決定的な作品と言えば、誰しもが中学時代に読んだ「走れメロス」が思い浮かぶ。退廃的な太宰の作品とはまた違った、この物語に単純とはいえ理系の分野からメスを入れた作者がいた。
「メロスは何キロで走っていたのか?」ただ単純なこれだけの謎のために、ここまで物語を紡ぎ出したのだ。
作者は評論と語っているが出来すぎた批評は既に物語である。これを念頭に置き、「走れメロス」を読んで見るのも良いのかもしれない。