第6話 分身と想い


⚫︎ヒデ




青い瓦屋根。


ひとつづきになった、長屋のような細い家が連なる。


古臭い二階建て。


全く透き通ることのない、分厚い花柄ガラスの重たい窓。


ガラゴロと開けたら、この辺で有名な神山だっていう山が見える。


でも、残念。


来年には、目の前にマンションが出来るそうだ。

山も、見えなくなるだろう。



窓を越えて、青い瓦屋根を歩くと数歩で隣の家の窓。

ドン、と叩けば同じように重たい窓を開ける、トオルがいる。


俺を見て、面倒くさそうに頭ぽりぽりして。

ふぁぁってあくびしながら、

当たり前のように、何にも言わず俺を迎える。


いつもそうだった。

いつだってそうだった。


それは物心ついてからずっとで、トオルにとっての俺と、俺にとってのトオルは、同じなんだと思ってた。



トオル。


トオルは俺のお隣さん。

俺の幼馴染み。


俺が、この世界で唯一大事な人。


愛とか恋とか、好きってことの種類とか。

考えたりもしたけど。


トオルが、大事だ。


トオルが、欲しかった。











トオルに妹が出来た。



抜け殻だったトオルが、ちびっこい紗季の手をとる。


いくら幼馴染とは言え、8歳の小学生の男同士が、手をつないで歩くと言うことに遠慮した俺は、やむなく紗季の手を握った。


お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん。

大好き。



まっすぐトオルにそう言える紗季が、羨ましかった。

羨ましくなる、自分が嫌だった。


必死に、大好き、とトオルに甘える紗季が、

その無自覚さが、俺には可愛くてかわいそうで、


あー、これ、俺か。


って、たまらなく苦しかった。




大学出て、働き出して、


『紗季も20歳だし。』って家を出たトオルは、


『でも、大事なんだ、俺。』


と、つぶやいた。

その時の情けない顔を覚えてるよ。


『大丈夫。見とくよ。俺が、紗季のことは。』


そういうと、もっと情けない顔をして、うん、って言った。


きっと、トオルは知らない。



俺が、どんだけトオルが大事か。

代わりに、紗季のそばで様子を見てやりながら、トオルによく似た紗季の仕草に、胸が痛かったことなんか。


知らないだろ。

知らないんだろ。




‥一生知らなくていいけど。





この世界で、たった一つ欲しかったもんが、

明日人のものになる。




明日、トオルは結婚する。











『さーて、と。』


んー、と背伸びをする俺の後ろで、引き戸をまたいでトオルがじーちゃんと常連達に、おめでとう、がんばれよ、よっ!色男!と、揉みくちゃに祝われている。


先に出ていた紗季が、空を見上げていた。


月。まんまるの。



俺に気付いた紗季が、ん、と無言で月を指差す。

ん、と俺も月を見た。


『ありがとう!頑張る!色男頑張るから!』


揉みくちゃになりながら、トオルはそう言って引き戸を必死に閉めた。

ボサボサの頭に、俺と紗季はなんだそれ、って笑う。



ふぅって、息を吐いたトオルが、ふにゃりと笑って紗季の手を取った。


そして、俺の手を取った。



『おい。何やってんだオッさん。』

『んー?』

『紗季だろ。せめて真ん中紗季だろ』

『やだ。』

『やだ、じゃねーわ!』

『だって。俺はヒデも紗季も好きなんだ。手ぐらいつながせろ。』


月は、明るい。


柔らかく柔らかく、この小さな町を照らしてる。


俺を、トオルを、紗季を。



込み上げてきたもんを、ぐっと飲み込んだ。

仕方ねぇなってそぶりで、でかいため息ついて見せたら、トオルがにやりと笑う。






トオルを真ん中に、俺らは歩く。


柔らかな月明かりの下で、手をつなぐ。


ぎゅって、たまらなくなって手に力がこもる。

そしたら、同じように握り返された手。



『美味かったなー』

『いい肉は美味いな。』

『紗季、めちゃくちゃ食っただろ』

『ヒデがアホみたいに乗せるからでしょ』

『あー、うるさい。素直にありがと。ごちそうさま、ひーでくん♫って言えないの?』

『ごちそうさまじゃない!ビタ一文出してない!』

『あー、うるせぇ。』


『お兄ちゃん、ダメだよ?ちゃんと言わなきゃ、この先ずっと言われるよ?トオルの祝いにA5ランク奢っただろって!違うのに!』

『いってやれ!トオル。どんなに高い肉たらふく食っても、貧乳は貧乳だって。』



トオルをはさんで、俺と紗季は必死だった。


手をブンブン振りながら、

必死に刻み込もうとしていた。

この手のひらに、トオルの温度を。


この、バカバカしくて愛おしくてたまらない時間を。


泣かないようにしゃべり続けながら。


『あーもう。うるせ~わ。』


ぴたっと足を止めたトオルが、ふふふふふって笑う。


思わず、紗季と顔を見合わせると、



頰に、触れた。



俺と紗季は、お互いの頰に触れたトオルの唇の感触に、立ちすくんでいた。


ふふふふふ、ってまたトオルが笑う。


ぐすぐすと泣き出した紗季が、呟くように言った。



『お兄ちゃん、すき。』

『おう。知ってる』


トオルは俺ら二人の手を、ぐっと引っ張った。


『ヒデは?』

『は?』

『言わねーの?』


あぁ、もう。

なんだこれ。


『トオル。』

『ん?』


『‥幸せになれよ』


『‥ずっと。お前が大事だよ。だから、幸せになれ。』


『おう。』


ブンブン、トオルが繋いだ手を振る。



『すき。』

『うん。』

『大好きお兄ちゃん。』

『うん。』


『トオル。』

『うん?』

『嬉しいよ、俺』

『おう。』

『お前が、すげー心底、大事だ』

『知ってる。』



手をつなぐ。

まんまるの月。

柔らかな月明かり。




来年には、俺らの古い家の前に、マンションが建つらしい。

あの山も、そしたら窓から見えなくなるだろう。



けど、知ってる。


ちゃんと、あの山はそこにある。

そこにあると、俺らは知っている。






明日、トオルは結婚する。





俺らの手を引いてきたやつが、

やっと包んでもらえた人と。



『‥よかったな。』


俺のつぶやきは、


『‥うるせぇ』


トオルの涙声に溶けていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます