第5話 妹と分身




⚫︎トオル



母ちゃんが死んだ時、父ちゃんは泣いた。


すげえ泣いた。

爺ちゃんとか婆ちゃんとか、近所の人とか、和のおっちゃんとおばちゃんが、どんなに宥めても宥めても、大声で泣き叫んだ。


病院でも葬式のときも、俺を抱きしめて、バカみたいに泣いた。



『あんた!しっかりしな!トオルがいるんだから!』


婆ちゃんが泣きながら、父ちゃんの猫背を叩いた。

『情けないだろ!』って、何度も。


けど、俺は死ぬほど悲しい別れの中でも、幸せだと思った。


こんなに母ちゃんが大好きな父ちゃんを、

失って悲しいと、心のままに泣ける父ちゃんを、かっこいいと思っていた。


そんな両親から生まれたことを、幸せだと思った。


泣きたくて悲しくてたまんないのに、

なのに、幸せだった。


その時も俺の手を、ヒデが握ってた。

ヒデと二人の時だけ、俺は泣いてた気がする。




父ちゃんが再婚するときは、不思議な感覚だった。


新しいかぁちゃんに、なんとなく反発心があったのに。


その日から家族になった、

3歳の、小さな小さな妹。


おい。お前の妹になるんだぞ。

父ちゃんが緊張でまっすぐになった、俺の猫背を押した。



紗季ちゃんっていうの?

うん。

おれね、トオル。



かぁちゃんは、一人だけだと思ってたのに。

父ちゃん、母ちゃんのこと好きだったんじゃねえのかよって、ムカついたのに。


紗季があんまりにも寂しそうに見えて、一生懸命俺に手を伸ばしてきて。


『紗季ちゃんのお兄ちゃんだよ。』


震えそうな声で、紗季の手を取った。


あの日、目をくりくりとさせてまだプニプニしたほっぺで、紗季はにんまりと笑った。


『お兄ちゃん?紗季の、お兄ちゃん!?』


俺の手をぎゅっと握る小さな手。


母ちゃんが旅立った年に、生まれた紗季。


可愛くて可愛くて、なんでか泣きそうだったんだ。


俺が。

俺が、紗季を守る。


そう決めた。


よし、と気合いを入れた俺の、やっぱり側にいたヒデ。


なんにも言わないけど、必死に紗季の右手を握る俺の横で、仕方ねーな、って左手を優しく握る。



ずっとずっと。


ずっとずっとずっと。






いつの間にか、



ヒデは、時々申し訳なさそうに俺を見た。

紗季は、俺に大好きって言わなくなった。



壊れてく。

俺の大事なものが。

母ちゃんがいなくなったみたいに。

泣き叫んだ父ちゃんが浮かんだ。



俺も泣くのかな。

上手くできずに無くすものを、恋しいと泣くのかな。




大丈夫。大丈夫。

みんな、トオルくんが大好きなだけなんだよ。

だから、あなたが嘘をついちゃダメなんだよ?



実加子は、俺の両手をその細い手で包んで言った。





明日、俺は結婚する。






守りたくて、守って欲しい人と。










『あ、焦げた。ほれ、食え』

『はぁ!?なにそれ!投げた!今投げたよ!お兄ちゃん!』

『たっかいお肉ですよー。それはそれは美味しいお肉ですよー。食え』

『じーちゃんの奢りでしょ!お兄ちゃんー焼いて~。』

『俺はとっても繊細だから。お焦げはちょっと‥トオルぅ~食べて~』

『うるせぇ。お前ら。』


紗季と、ヒデと、俺と。



『お前が甘やかし過ぎるんだよ。どこのお嬢さん気取りだよ。焦げた高級肉、しかも俺の奢りを食えないとか。』

『違う!じーちゃんの奢りだもん。』

『知ってる?こいつの勝負下着、真っ白。なんなの?どこまでお嬢さん気取りなの?』

『信じらんない!お兄ちゃん!ダメー聞いちゃダメー!』

『はぁ。トオルがね、家出てからどんだけ大変かわかる?こいつが凹んで凹んで凹んで凹んで‥』

『なによ!あんただって寂しそうにしてたもん!』

『しねぇよ』

『した!』

『バカじゃないの。』

『バカはあんただ!なんで下着バラすかな??』


この、相変わらずなこいつらは、


『あーあーうるせぇ。』

『トオル、言ってやれ。紗季は貧乳なんだから、んな下着じゃなくて、絆創膏はっとけって。』

『お兄ちゃん、言ってよ!ほんとは寂しンボのくせに、私に絡むな!って』


ふふふふふ。



『うるせぇ。ったく、お前ら本当俺のこと大好きだな!?』



一瞬、ヒデが息を飲んだ。

紗季の目が、一瞬で潤んだ。



『俺は大好きだよ。紗季も、ヒデも。』



ククククって、ヒデが笑う。

紗季が、お兄ちゃん、って呟いて泣く。



うるせぇな。

大好きだよ。


お前ら。


めちゃくちゃ、大好きだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます