第8話 おこがましいカウンター

 数十分、彼女を追った。

 彼女はトレーナーと分かれると渋谷の住宅へ向かった。私が隣を歩いた。ショーコも気がついた。首をこちらへ向けて、わずかに目を細める。そこで口を開いた。

「用があるわ」

「みたいだな」

 言葉の中から感情の部分を切り落としたみたいな声だ。前からこんな話し方だったろうか。思い出したくなかったから、覚えていない。

 ショーコが首を振って公園へ向けた。赤い髪からカルキの匂いがした。

「そこにカバン置きな」

 ショーコが言った。

 命令みたいに口調が強い。思わず言われたとおりにした。ショーコも同じ場所にカバンを置いた。

「ジャージか。着替えなくていいな」

 突然変なことを言い出した。ノイズの混じった声。まるで機械みたいだ。

「なんの話?」

「話したけりゃあたしに勝ってからだ」

 ショーコが奇妙な微笑を添えて言った。それが世界の常識だと言わんばかりだ。昼の挨拶をするみたいな態度だった。

「御園生さん。私、殴り合いしたいなんて言ってないんだけど」

 4年ぶりに、こいつの名前を呼んだ。

 できるだけ声を抑えようとしたけれど、無理だった。うわずった高い声。ショーコが細い目をはっきり開いた。茶色い瞳が、私の網膜へ突き刺さった。

 こんな奴だったろうか? 

 小学校のときは、ただの暴れ者だっただけだ。そこからさらに何かが加わってる。

「始めたんだろ」

 ショーコが拳を握った。

「なんのことよ?」

「すっとぼけんなよ」

 拳を前に突き出した。私がたじろいで、一歩離れた。

「二宮の話がしたいんだな。いいさ。あたしに勝てば話も聞く。それ以上も考えてやる」

「やめてよ何それ。大した居直り方ね。あんた何したんだかわかってるわよね? それを言われたくないからって、暴力に訴えるの?」

「ガキのころと同じこと言ってんのか。神楽坂らしいな」

 4年前のように、苗字で呼ばれた。

「あんたは変わったわ。前よりひどくなったわよ」

 それを聞いて、ショーコがチッと舌を鳴らした。

「あたしはこうやってくしかないんだよ」

「なんで? もっとちゃんと話してよ。あたしはあんたの……」

 その動作には一つの音もなかった。

 手のひらが、私の顎を斜めに貫く。続いて、何かがあたしの胃袋を揺らした。

 痛みが胴体の全体に広がったころに、それが蹴りだってわかった。

 ショーコのスニーカーが、あたしのどてっぱらにざっくりと突き刺さっていた。

「ちょっ、待っ……」

 続く言葉は、音を持たなかった。

 苦しい。たった一発なのに、完全に油断してた。

 せめて腹筋を締めておけばよかった。習ったはずなのに。いや、こんなところで、そんな事が考えられるか。街の公園で真っ昼間に、突然人に蹴りを食らわせるなんて。

「弱いくせにあたしに関わるな」

 ショーコがバッグを肩にかけて背を向けた。

 なんて奴だ。話し合いなんか無理だ。

 ネコに謝れ。

 ふざけんな。

 死んじまえ。

 叩きつけてやりたかった言葉は、どれ一つ出てこなかった。


 *

 

 公園でしばらく休んで、情けない気持ちで立ち上がった。もう日が暮れていた。

 畜生。

 ちくしょう。

 チクショウ。

 ネコの顔を思い出した。それまでも明るい奴だったけど、格闘技を始めてからはまるで太陽みたいだった。あの日々。目標を見つけて一心に努力し、日の当たるところでがんばろうと、あいつが追求した日々。それを奪ったショーコが、どうしても許せなかった。 

 住宅地から太い通りへ。ネオンと街灯が並ぶ、渋谷の道玄坂を下りていった。

 そこで、聞き覚えのある声が耳に届いた。

「ダメだって! お酒ナシだって言ってたじゃない!」

「別に大丈夫だって。バレるわけねえよ」

「そうじゃなくて、嫌だって言ってんの!」

「いや経験だって、経験!」

 ケーコだ。そういえば合コンがどうとか言ってたな。目の前で、絵に描いたようなもめ方をしてる。結局こういうのなんじゃないか。行かなくて良かった。

 ケーコと取り巻きが2人。相手の男が3人。ケーコは腕をつかまれて、残りはおどおどと肩を震えさせてる。あっきれた。なんで制服なんだよ。そりゃあヨハネの制服なら人気出るだろうけど、学校に連絡行ったら退学とかじゃないのか。それに、それを飲み屋に誘うってもっとアホだ。犯罪だろ。

 そんなに荒っぽい人にも見えないし、ちゃんと言えばわかってくれないかな。このままホテルにでも拉致られたら寝覚めが悪い。助けてやるか。

「よしなさいよ」

 ケーコを掴んでいた男の肩を、軽くたたいた。

「は?」

 男たちが振り向いた。

「えっ、ユーハ?」

 ケーコの後ろから取り巻きの声。ケーコも私に目を向けた。

「なに、あんた?」

「そんな格好だけど、そいつらお嬢さんだしさ。お酒は勘弁してやって」

「そんな格好って……あんたのほうがすげえカッコだよ」

 ……そういえば、ピンクのスポーツウェアだった。

 こんな格好で渋谷をうろついてるって、なんの冗談だって話だ。横を向いて苦笑いを浮かべた。

「つーかでかいなあんた。高校生?」

「失礼ね、172よ。あんたのほうが大きいわよ」

「はあ……」

 男がケーコから手を離した。

「いったー! マジ信じらんない!」

 ケーコが涙目になって叫んだ。

「いや、そんなつもりじゃねえのに」

「はあ何言ってんの? 意味わかんない。超やだ、もう帰る!」

 うわ、ケーコ。それはないだろ。助けてやったのにその態度か。火に油注ぎやがって。

「ああ? おまえ、ふざけんなよ!」

「ふざけてんのそっちでしょ! ありえないんだけど!」

 こじれてきたなあ。余計な事するんじゃなかった。

「お前何いい気になってんの? カンチガイすんなっつってんだけど!」

「カンチガイしてんのアンタでしょ!」

 うざすぎる。どっちもタンスの角に足の小指ぶつけて悶絶すればいいのに。

「はあ? お前おかしい!」

「あんたがおかしいのーっ!」

 男が、じっと下を向いた。

 ああ。

 これがあれか。

『普通はにらんでる間は殴ってこないんだよね。まずはぎゃあぎゃあわめき散らしてから下を向くんだ。そして黙ってから、顔を上げると同時に……』

 頭の中を、キッカ先輩の声が響いた。そうだ、こういうときは肩を見るんだったな。

 男が顔を上げて、ケーコに向けて男がゲンコツを横に振り回す。同じタイミングで、私も軽く地面を踏みしめた。パンチはよく見えた。これで男か。ネコやキッカ先輩より全然遅い。

 男の顎に右を飛ばした。

『カウンターで行くと決めたら絶対ためらわないことが第一。まずは腰の回転を意識。脇を締めて拳の先頭が当たるように。体軸をずらさず視線は動かさない。当てる瞬間に気持ち手首を回転させると威力が増すよ』


 骨の音が体の中へ響いた。遅れて、拳の先にわずかな痛みが走った。

 ぎゃあ、とか、ぐわあ、とか叫ぶのかと思ってた。男は何も言わなかった。


 体をひねりながら渋谷の雑踏へ、文字通りに消し飛んだ。


 *


 30分後。

「なに? お嬢ちゃんヨハネなの? 本当に? それがケンカ? 若いからわかるけど、もうちょっと落ち着きなさいね! 兄弟いなくてご両親は遅くていつも一人? 大変だねえ!」

 何を言われてもしょうがない。スチールの椅子に座ってテーブルに両手をついて、じっと下を向いた。

「家は吉祥寺? なんで渋谷にいるの? イベント? 格闘技の? そういう趣味なの?」

 じっと下を向いて、スイマセン、スイマセンを繰り返す。生まれて初めて私はお巡りさんの厄介になった。

 どん底な気分だ。警察って、悪いことした人には厳しいな……

「じゃあねえ、これ反省文だから! もうしませんみたいなこと書いて、二枚ね!」

 テーブルの上に、作文用紙とHBの鉛筆。なんか泣けてくる。

「それで! 学校とかご両親とかに連絡するかって話なんだけど……」

 ああ、そっかそりゃそうだよな。もともと大した奴じゃなかったけど、これで晴れて札つき不良少女か……

「え、ああ、何?」

 と、そこでゆっくりとドアが開いた。婦警さんが声をかける。何かを小声で話してから、へえ? と、お巡りさんが言って、また戻ってきた。

「うーん、まあねえ。女の子で、ヨハネで、話聞いてるとマジメだしね。友達がちょっときつく誘われてたって、事情があったって事だと。俺も空手やってんだけど、いざと言うとき手が出ちまうのはわかる。とりあえず高校生活もこれからなんで、まあ今回はこれで終わりにしとこう」

「え?」

 驚いて、作文用紙から顔を上げる。

 四十くらいの太っちょのお巡りさんは、腕を組んで厳しい顔のままだ。

「言っておくけど、まだお嬢ちゃんは将来があるから、それを一回の事で全部パアってのもってだけだからね。だから今日だけはこれで終わりだけど、次はもう甘くしないと、そういうことだ。いいね!」

「あ、はい……」

 反省文を太っちょのおまわりさんに渡す。うんうんとざっと読んで、折りたたんで机の中に。誰にも読まれないまま捨てられるんだろうな。


 外に出て携帯を開いた。9時か。

 夜空に包まれた渋谷警察署の前に、小動物がうずくまっていた。

「なんでいるの?」

「なんではひどいのう。せっかく迎えに来てやったのに」

 シーサー君が、片目を開けて私を見た。

「……盗聴器でもつけてたんじゃないわよね。この変態」

「なるほど、それは思いつかなかったの」

「は?」

「次からはそうしよう」

「何を言っているのよ……」

 首根っこをつり上げて、肩に乗せる。

 渋谷の駅まで、とぼとぼと歩いた。ケーコとその友達から、チャットが山ほど飛んでいた。ごめんとありがとうがたくさん書いてあった。気にしなくていいよって一言、返信しておいた。

 ケーコからもう一度返事が来た。『強いんだね』で終わっていた。

「弱いな……」

「何がじゃ」

「あたしがよ」

「なんじゃ突然」

 携帯を閉じた。あんまり多くの事があった一日だった。

 殴られるのを見て、殴られて、殴って。

 そしてわかった。あたしは弱いんだ。ショーコに相手にもされない。たった1人の友達を守ることもできない。そのうえ、八つ当たりで素人をぶん殴って……

 ヨハネに入ってから、ずっと他人と関わってこなかった。ネコがいて、ネコに守られて、それでようやく、あたしはあたしをやっていけていた。

 弱くて、そして今はひとりぼっちだ……

「あ、あれ……」

 目から突然、ぼろぼろと涙がこぼれた。なんだか突然、ものすごく悲しくなった。

 悲しい。

 苦しいよ。

 ネコ……

 その涙が、ぺろりと拭き取られた。

「……ちょっと、何してんのよ」

 大泣きしようと思ったけれど、あっさり涙が止まった。

 そういえば、肩にこいつがいたんだった。役立たずすぎてすっかり忘れてた。

「お主には涙は似合わんのう」

「なに少女マンガのチャラい男みたいなこと言ってんのよ」

 むりやり涙を止めて、顔をぬぐった。

「強くなりたいのか」

 シーサー君の言葉に少し戸惑い、少しためらってから答えた。

「……なりたいわ」

「強くなりたいなら、強くなることはできよう」

 シーサー君が答えた。

 強くなれば。強くなれば、今の苦しさを超えられるだろうか?

「本当に強くなれる? ショーコよりも?」

「辛い思いをすることになるがな」

 シーサー君がもう一度両目を閉じた。

 辛い思いならもうしてる。抉られるような、辛い思いを。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます