ゆりコメ!~第二話~

作者 ひな+たま

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 どうでもいいけれどネット小説における語り手の変更ってあまり好きじゃなかったんですよね。
 でもそれは勘違いでした、最高でした。
 一話では上手く掴みきれなかったうららちゃん自身のことやうららちゃんからみたハル君だったり、多くのことが語り手変更によって上手く表現されていると思います。
 それにしてもうららに言われた通りの言葉を口にするハル君が不器用で可愛いですね。

 ハル君が可愛い。

 本当に可愛い。

★★★ Excellent!!!

みんな大好き我らが《ゆりコメ!》の第二話! いやはや待ちかねました!
前回で築かれた要素を踏まえた今回は、曲解しがちな“成長”という概念が、丁寧かつ感動的に描かれています。

社会情勢や交友関係。取り巻く比較対象がイヤでも目ざとく感じてしまう環境下で、
一切の転嫁を見せずソレを『自分の未熟さゆえ』と嘆くこと自体、そうそう出来ることではないと思います。
見合うようになりたい。隣り合っていたい。だけど、過去の反動からきた遅すぎる背伸びは、あまりにも高すぎて――。

『建前や仮面なんていらない』そう断言できるだけの拠り所があるのなら、人は自分らしくあるがままに成長していける。
ソレを知らしめてくれるあの場面では、不覚にも泣かされてしまいました(笑)
爆笑のオチで三角関係の様相を呈したのも見事! 三話も愛読せずにはいられません! ではまた、お疲れ様です。

★★★ Excellent!!!

まぁ、落ち着いて欲しい。
この話は「第二話」なんだ。だからまずは「第一話」を熟読してきて欲しい。話はそれからだ。

読んだか? よろしい。

第一話ではほぼヒロイン二人で話が進んでいたが、第二話では三名の大学生(ロリ・ハーフ・マニッシュ)が追加される。
うららとこの三名が主軸となって云々。

詳しい事を書くとアレなのでアレするが、つまりはアレである。

要約すると、うららカワイイようらら。
 ※第一話時点ではハルに萌えていた一読者より